『やんごとなき一族』第2話 小沢真珠&松本若菜「昼ドラみすごい」「顔芸やばすぎ」新旧悪役共演が話題

4月28日に放送されたドラマ『やんごとなき一族』第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。

土屋太鳳さん主演のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)。大富豪に嫁いだ主人公が名家に渦巻く闇と対峙する本作は、初回から昼ドラ的展開とキャスト陣の怪演が話題です。4月28日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

第2話のおさらい

佐都(土屋太鳳)は美保子(松本若菜)によりサウナ室に閉じ込められるも自力で脱出。入院した母・良恵(石野真子)を見舞いたいと申し出ると、義祖母の八寿子(倍賞美津子)は許さず、深山家の跡取りである健太(松下洸平)と結婚した以上、深山家に人生の全てを捧げるのが当然だと叱責します。
 

しかし帰宅して事情を知った健太は、すぐに良恵のところへ行くように佐都をかばい、自分たちは深山家の理不尽さを変えて深山家と佐都の実家のどちらも夫婦2人で守っていくと宣言しました。八寿子に指導鞭撻を仰いだ佐都は、習い事で予定が埋まる日々を過ごすことに。そして舞踊の稽古の場で、葛西綾(小沢真珠)と出会います。
 

綾が深山家当主・圭一(石橋凌)の愛人で、母・久美(木村多江)も家族も全員知っているがしょうがないと言う健太。佐都は理解も納得もできません。ある日、些細なミスから機嫌を損ね綾の元へ行くと言った圭一に、佐都は久美を思い「愛人のところへは行かないでください」と願い出ます。深山家の長い歴史の中で初めて当主に反旗を翻した佐都でしたが、久美は圭一に逆らえず理不尽にも耐えて従うのみでした。
 

愛人の1人や2人で取り乱すのはみっともない、正妻なら「夫がいつもお世話になってます」くらい言えなければと八寿子。深山家に嫁いだ女たちは、心では否定しながらも仕方ないことだと諦めていました。八寿子から、健太もいずれ愛人を持つから心得ておくようにと言われた佐都。そんな中、圭一の差し金で、健太の秘書としてフランス帰りの立花泉(佐々木希)がやってきます。泉はかつて健太が想いを寄せていた許嫁でした。
 

そうとは知らない佐都は、遅くに帰宅した健太に抱きつきエネルギーを充電。健太は佐都を甘やかしますが、扉の外では使用人が夫婦の夜の営みをチェックしており意気消沈の2人。翌朝、健太は佐都に専務就任祝賀会に着ていく服を買うようにとブラックカードを渡します。三男・大介(渡邊圭祐)の妻であるリツコ(松本妃代)に見繕ってもらうよう頼んであるとのこと。買物当日、80万円もするドレスを購入し動揺しながら歩く佐都は、偶然、綾と遭遇します。愛人の存在は深山家のような世界では必要不可欠だと綾。健太をつなぎとめておきたかったら美容に気をつかうといいと言いながら、持っていた青汁を佐都の頭にぶっかけます。
 

そして祝賀会当日、久美へ嫌がらせをする綾の存在をどうしても納得できない佐都は反撃に出て見事撃退するのでした。しかし式典での挨拶の場で圭一に呼ばれ、佐都と同じドレスを着た泉が登場。泉は無礼を詫び立ち去ると、健太は後を追います。義妹・有沙(馬場ふみか)から2人の仲を聞いてしまった佐都。もし関係があっても愛人にすればいいと言う圭一の魂胆に思い至る中、八寿子から「堂々としてなさい。深山の女でしょ」と言われ、気合いを入れなおすのでした。
 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

小沢真珠がトレンド入り「昼ドラ感満載で面白過ぎる」

美保子による嫌がらせが続く中、愛人の存在が当然とされる道理に納得できず立ち向かう佐都。新たに加わった泉がどう影響を与えていくのか気になった第2話。
 

Twitterでは圭一の愛人・綾を演じた「小沢真珠」がトレンド入りし、「昼ドラ感満載で面白過ぎる」「小沢真珠さん出てくると一気に昼ドラになっちゃう」「松本若菜さんの顔芸が素晴らしすぎる。悪役本家の小沢真珠さんも登場で超豪華」など、“ポスト小沢真珠”ともいえる松本若菜さんとともに、怪演ぶりが話題になっています。
 

次々と迫りくる魔の手に立ち向かいながら愛を育む佐都と健太。5月5日放送の第3話では誕生日旅行を計画しますが、そこでもまた数々の邪魔が入ります。どんな嫌がらせにも屈せず抵抗し、深山家に一石を投じていく佐都から目が離せません。
 

『やんごとなき一族』第3話 5月5日放送予告


 

【おすすめ記事】
『やんごとなき一族』第1話「花男みすごい」「昼ドラみたい」キャスト陣の怪演が話題
『じぞ恋』第1話 父娘ダブル婚活スタートに「ラブキュンだけじゃない」「1話から泣いた…」と感動の声
期待度が高い「春ドラマ」ランキング! 3位『家政夫のミタゾノ5』、2位『元彼の遺言状』、1位は?
『恋マジ』第1話 「挿入歌が流れた瞬間、鳥肌立った」恋愛に臆病なアラサー女子の失恋に共感の声
『家政夫のミタゾノ』第1話 「相変わらずキレキレ」「安定の面白さ」とファン歓喜

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】