昼ドラばりのドロドロ展開が話題のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)。5月26日に放送された第6話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

第6話のおさらい

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、深山家当主・圭一(石橋凌)が強引に進めた末娘・有沙(馬場ふみか)の縁談話を止めようとするも失敗。ところが、香川友貴(森田甘路)との結婚を嫌がっていた有沙は香川を気に入り、早々に婚約してしまいました。
 

2人の結婚準備を圭一から託された長男・明人(尾上松也)と妻・美保子(松本若菜)は、婚約祝いのお茶会を設けることに。美保子は久美(木村多江)にお手前を頼み、佐都に雑用を押し付けようとします。しかし、3人の話を聞いた八寿子(倍賞美津子)は、佐都にお手前で客をもてなすよう命じました。佐都は茶道の稽古と美保子の雑用に追われます。そんな佐都をかばい、久美は美保子による嫌がらせを上品に圧倒し撃退します。
 

そんな中、佐都の母・良恵(石野真子)に呼び出された佐都と健太は、良恵が営む「まんぷく屋」が軒を連ねる商店街近くにある深山グループの土地に、ショッピングセンター誘致の話が持ち上がったと聞かされます。健太は自分たちへの嫌がらせだと圭一に詰め寄るも、圭一は会社の利益を考えて判断しろと一喝。健太がショッピングセンターより利益が上がる企画を考えると反論すると、圭一は企画提出の期限を告げます。その日は有沙の婚約祝いの日でした。
 

健太は商店街を守るため、佐都はお茶会で深山家次期女主人として認めてもらうために奔走。さまざまな邪魔が入るも、健太は何とか商店街の人たちとショッピングセンター側の契約締結を阻止しました。一方、お茶会には美保子による佐都への嫌がらせが爆発。美保子は密かに良恵を招き、茶道の作法を知らない良恵に恥をかかせようとします。しかし「マナーは思いやりなんだ」と気づいた良恵の機転により、佐都は見事窮地を脱しました。
 

婚約祝いが和やかに終わろうとする中、ひょんなことから美保子の素性が暴かれて事態は一転。老舗和菓子屋の令嬢だと思っていた美保子は、実はホステスをしていた愛人の連れ子で、2人から嫌がらせを受けた先妻は心を病み闘病中だと判明。明人はその事実を知りながら深山家へ嫁がせたのです。圭一は激怒し、明人と美保子に二度と顔を見せるなと告げるのでした。

 

やんごとなき一族
画像出典:フジテレビ『やんごとなき一族』公式サイト

 

久美が美保子を撃退!「お母さんグッジョブ」「強すぎる」感動の声

久美の口から、実は八寿子が誰よりも佐都に期待していると聞かされた佐都と健太。八寿子自身が深山家に嫁いで大変な思いをした張本人であることも明かされました。
 

Twitterでは「亭主役を引き合いに出して美保子さんを撃退してくれたおかあさんGood job!」「お母様が味方に着いてくれてるの強すぎる」「お母さん(石野真子)すごい!美保子がお茶を持ってきたとき『あ、これはきっと思いやりなんだろと思った』って。人を想いやるって人を見てないとできないことだもん。お店もお母さんの想いやりで愛されてるんだな。すてき」など、久美と良恵に注目が集まっています。
 

また、素性が判明した美保子には「みほこさんのクセが強すぎて…笑。愛すべき悪役って感じ。ああいう過去だからあんなに跡取りの座に執着してるんですね」「美保子(松本若菜)姉さん墓穴ほったねぇ。深い秘密があるのによく佐都(土屋太鳳)をいじめたなぁ。佐都がどうやって助けるか見もの」「来週は美保子さんの回か。松本劇場のためにこのドラマ見てる」など、佐都と美保子の最終バトルに期待が寄せられています。
 

6月2日放送の第7話では、佐都の妊娠が発覚。そんな佐都に、圭一から見放された美保子は「これからが本当の地獄」と吐き捨てて去ります。一方、健太の幼なじみで秘書の立花泉(佐々木希)は、健太へのアプローチを開始して――。怒涛の泥沼展開に、佐都と健太はどう立ち向うのか期待です。
 

『やんごとなき一族』第7話 6月2日放送予告




【バックナンバー】
『やんごとなき一族』第5話 松下洸平の心震える演技に称賛殺到「泣いた…」「こんなお兄ちゃんほしかった」
『やんごとなき一族』第4話 ハセキョー×太鳳の唐突な百合キスに視聴者騒然「迫力…」「ファビュラス!」
『やんごとなき一族』第3話 土屋太鳳ピンチ! 昼ドラ感満載の展開に次週は長谷川京子が参戦
『やんごとなき一族』第2話 小沢真珠&松本若菜「昼ドラみすごい」「顔芸やばすぎ」新旧悪役共演が話題
『やんごとなき一族』第1話「花男みすごい」「昼ドラみたい」キャスト陣の怪演が話題