ヒナタカの雑食系映画論 第106回

『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない

公開中の『先生の白い嘘』は、「主演俳優から要望を受けたインティマシー・コーディネーターを起用しなかった」事実が判明したインタビュー記事が物議を醸しました。この問題から考えるべき「これから」について記します。(※サムネイル画像素材:(C)2024「先生の白い嘘」製作委員会 (C)鳥飼茜/講談社)

(C)2024「先生の白い嘘」製作委員会 (C)鳥飼茜/講談社
『先生の白い噓』 7月5日(金)全国劇場&3面ライブスクリーンにてロードショー 配給:松竹ODS事業室 / イノベーション推進部 (C)2024「先生の白い嘘」製作委員会 (C)鳥飼茜/講談社
7月4日にENCOUNTで掲載された、映画『先生の白い嘘』のインタビュー記事が物議を醸しました。特に批判を浴びたのは、主演の奈緒さんからの「インティマシー・コーディネーターを入れてほしい」という要望に対し、三木康一郎監督が「すごく考えた末に、入れない方法論を考えました。間に人を入れたくなかったんです」と答えていたことです。

本質的な問題がどこにあるのかを改めて考えつつ、これからの日本の映像作品において、どのような認識を持ち、変わっていくべきなのかを記していきます。また、以下からはインタビュー記事などから一部抜粋していますが、それだけが本質的な内容ではないので、元の全文も読まれることもおすすめします。

日本でも、起用される作品は生まれつつある

簡単に、インティマシー・コーディネーターがどういった職業であるかと、直近で起用された事例を記しておきましょう。

インティマシー・コーディネーターは性的なシーンの撮影において、監督をはじめ関係各所との仲介や調整、俳優の精神的なケアを行います。ハリウッドの性暴力を告発する2017年の#MeToo運動後に誕生したと言われており、近年ではインタビュー記事を筆頭にメディアで取り扱われる機会も増えています。

日本で最初にインティマシー・コーディネーターが導入された事例とされるのが、2021年4月にNetflixで配信された映画『彼女』。その後、同年放送のドラマ『それでも愛を誓いますか?』(朝日放送系)、2022のドラマ『サワコ 〜それは、果てなき復讐』(TBS系)、『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ・フジテレビ系)、2023年の映画『怪物』や『正欲』、2024年の映画『52ヘルツのクジラたち』やNetflix配信の映画『シティーハンター』と、インティマシー・コーディネーターが起用される事例は増えてきてはいます。
 
エルピス―希望、あるいは災い―
エルピス―希望、あるいは災い―

「名前以外正しいところがない」描かれ方をされたドラマも

しかし、日本ではインティマシー・コーディネーターの認知が不十分、または誤解がされていると思える例もあります。

2024年2月と比較的最近に放送されたテレビドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)の第4話では、現場にインティマシー・コーディネーターがいることへの戸惑いや混乱を「茶化す」ような描き方がされており、批判を浴びました。
 

同年5月に放送されたラジオ番組『アフター6ジャンクション2』(TBSラジオ)では、インティマシー・コーディネーターである西山ももこさんから、放送内容について「雑に描かれた」「名前以外正しいところがない」「私よりも一緒に仕事をした技術スタッフやプロデューサーの方が怒っていた」などと、厳しい言葉が投げかけられたこともあります。

一方で、『波 2024年4月号』(新潮社)の公式Webサイトで掲載された高嶋政伸さんによる連載エッセイの内容は称賛で迎えられました。ドラマ『大奥』(NHK)で、高嶋さんは娘に幼い頃から性的暴行を加え続ける父親(徳川家慶)役を演じており、いかにインティマシー・コーディネーターが大切な存在であるかを俳優の立場からつづった文章は、迫力と真摯(しんし)さを感じさせました。

こちらでは高嶋さんから「必ずインティマシー・コーディネーターを付けてください」とお願いし、製作サイドも「最初からそのつもりでいらした」ことや、インティマシー・コーディネーターの浅田智穂さんが初めて経験する難しい撮影でも、いかに連携を取りつつ最大限の配慮が行われていたかが、はっきりと分かるようになっています。

日本では起用される作品が(増えてはきているが)まだ少なく、フィクション上で完全に間違った描かれ方もされる一方で、連携を取り真摯に向き合う俳優や関係者もいる――。その現状を踏まえれば、日本でのインティマシー・コーディネーターの認知と活躍は、過渡期というにもまだ早い段階でしょう。
次ページ
『先生の白い嘘』は、原作が意義のある作品だったからこそ、よりショッキングだった
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない