ヒナタカの雑食系映画論 第68回

『ラ・ラ・ランド』だけじゃない! 歌と音楽、何よりエンタメ性に優れた「最新ミュージカル映画」10選

2021年から2024年までに公開または配信された、おすすめのミュージカル映画を10作品紹介します。画像出典:(C)2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

カラーパープル
『カラーパープル』 2月9日(金)より全国公開 配給:ワーナー・ブラザース映画 (C)2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
ミュージカル映画と聞くと、やはり『アナと雪の女王』などのディズニー作品、はたまた『ラ・ラ・ランド』などの大ヒット映画、現在(記事執筆時)もまだまだ公開中の『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』も連想する人も多いでしょうが、もちろんそれらだけではありません。

ここでは、最新作を含む、2021~2024年までに公開(配信)されたミュージカル映画から、厳選して10作品を紹介しましょう。いずれも楽曲そのものの魅力のみならず、物語とシンクロした、感情をダイレクトに伝える歌詞にも注目してほしいです。

1:『カラーパープル』(2024年2月9日より劇場公開)

同名小説を原作とした1985年のスティーブン・スピルバーグ監督作品のリメイクです。主人公は映画の序盤から横暴な父に虐待され、10代で望まぬ結婚を強いられ、唯一の心の支えである妹とも離れ離れになると、不幸が重なる状況に追いやられます。しかし、型破りな生き方をする2人の女性に出会ったことをきっかけに、彼女の人生に転機が訪れるのです。
カラーパープル
(C)2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
女性への差別と抑圧と暴力がまかり通る環境にいたとしても、パワフルな楽曲の数々と共にストレートに女性たちの連帯と生きる道を描く様は、#MeToo運動を経た今もまた多くの人の心に響くでしょう。メロディアスかつ楽しくハッピーな曲だけでなく、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』も思わせるダウナー方向の楽曲およびパフォーマンスも強く印象に残ります。
カラーパープル
(C)2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
ブロードウェイ版でも同じく主人公を演じていたファンテイジア・バリーノの歌声の素晴らしさはもちろん、映画『ドリーム』のタラジ・P・ヘンソン、第96回アカデミー助演女優賞にノミネートされたダニエル・ブルックス、実写映画版『リトル・マーメイド』のハリー・ベイリーの熱演も見逃せません。女性たちの不屈の精神から、勇気と希望を得たい人に強くおすすめします。

2:『シング・フォー・ミー、ライル』(2023年)

アメリカの絵本『ワニのライル』シリーズを実写映画化した作品。「家族の元に歌うワニがやってきた!」という直球のファミリームービーで、その過程から『E.T.』や『パディントン』を連想する人は多いでしょう。1人ぼっちの少年の成長物語だけでなく、ダメダメなショーマンとのドラマも重なり合うため、人生の酸いも甘いもかみ分けた大人こそグッと来るかもしれません。

見た目こそ危険だけど、美しい歌声を持つワニのライルからは、歌、音楽、そして「ひたむきさ」こそ何かの価値観を変えるほどの力を持っている、という教訓や希望も得られるでしょう。吹き替え版も超ハイクオリティで、大泉洋と水樹奈々のデュエットが聴ける『RIP UP THE RECIPE』がイチオシです。
次ページ
Netflix配信作品も
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴