ヒナタカの雑食系映画論 第65回

思わず現実を連想する……「世界の終わり」を描いた終末映画5選。宮崎駿アニメからの影響も

「世界の終わり」へと向かう様を描く「終末映画」を5つ紹介しましょう。はじめに紹介するのは、『風の谷のナウシカ』を強く連想させる作品です。 ※画像出典:(C) 2022 Vesper - Natrix Natrix, Rumble Fish Productions, 10.80 Films, EV.L Prod

VESPER
『VESPER/ヴェスパー』 2024年1月19日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー (C) 2022 Vesper - Natrix Natrix, Rumble Fish Productions, 10.80 Films, EV.L Prod
日本で2023年以降に公開された、「世界の終わり」へと向かう様を描く映画を5作品を紹介しましょう。文明が崩壊する最中、または崩壊した後の世界を描く作品は「​​ポストアポカリプス」ものとも呼ばれ、その「終末」間近の世界で生きる人々の姿を目の当たりにすることで、確実に得られるものはあるはずです。

1:『VESPER/ヴェスパー』(2024年1月19日より劇場公開中)

フランス・リトアニア・ベルギー合作のSFファンタジー映画です。重要なのは、世界が「分断されている」こと。⼀部の富裕層のみが城塞都市に暮らし、ほとんどの貧しい⼈々は外の世界でごくわずかな資源を奪い合うように生活しています。そして、寝たきりの⽗と暮らす13歳の少⼥ヴェスパーが、森の中で倒れていた富裕層の⼥性と出会い、城塞都市へと向かう希望を得ようとするのです。
VESPER
(C) 2022 Vesper - Natrix Natrix, Rumble Fish Productions, 10.80 Films, EV.L Prod
いい意味でジメジメとした湿度を感じられる、退廃的な世界観が何よりの魅力でしょう。生物や植物の研究をしている少女を主人公としていることも含め『風の谷のナウシカ』も連想させますが、まさに監督コンビは宮崎駿作品も着想源にしていると明言しています。
さらに重要なのは、「歳が離れ性格も境遇もまったく異なる女性2人の連帯の物語」であることです。2人は初めこそ利害の一致により行動しているようでいて、いつしか互いを助け合う関係になります。一方で子どもや女性への搾取と抑圧を繰り返す伯父は有害な男性性の象徴のような存在で、それらをもって「⼥性の解放」というテーマも含んでいるのです。
VESPER
(C) 2022 Vesper - Natrix Natrix, Rumble Fish Productions, 10.80 Films, EV.L Prod
そして、どのような世界になっても、大きな悲劇に見舞われたとしても、⽣きる理由はどこかにあるはずだという、ポストアポカリプスものならではの希望も得られる物語になっています。つらく苦しいシーンが多くはありますが、それらは必要なものだったと、見終わればきっと思えるでしょう。

2:『終わらない週末』(Netflixで配信中)

オバマ元アメリカ大統領夫妻がエグゼクティブプロデューサーに名を連ねている映画です。大きな魅力は「わけが分からない現象が立て続けに起こる」こと。別荘へとバカンスに来た家族が、ビーチでとんでもない事態に遭遇したり、サイバー攻撃(?)のせいで携帯電話やパソコンも使えなくなったりと、「世界がおかしな方向へと進んでいる」数々の出来事に翻弄(ほんろう)され続けます。さらには、別荘のオーナーだという男とその娘もやって来て、人間関係がギクシャクしてしまうのです。

メタファーとなっているのは「アメリカ社会が恐れている」ことでしょう。劇中では2000年に発見されたコンピューターウイルスの「ラブレター」など「現実にあるもの」についても語られていますし、起こる出来事も突飛で荒唐無稽のようでいて、アメリカや世界の歴史を踏まえれば「あり得るかもしれない」と十分に思えるものだったりするのです。

ラストは「えっ!?」と戸惑うかもしれない、実際に賛否を呼んだ結末ではありますが、「混乱した世界での人それぞれの行動」を描いた物語として、個人的には納得できました。謎解きをするミステリーというよりも、もはや「悪い冗談」なブラックコメディー的な要素さえ含んでいる、不条理なサスペンスホラーとして見ることをおすすめします。
次ページ
コロナ禍を「予言」していた? ピンクの雲が出る映画も
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ