志田彩良、影山優佳、佐藤大樹など……「ドラマ掛け持ちNG」の暗黙のルールはなぜ破られた?

近年、同じ放送時期のドラマ作品に掛け持ちして出演している俳優が増えています。なぜ出演して良いのか、そもそも撮影はどうやっているのかなどを解説していきます。(サムネイル画像出典:『消せない「私」―復讐の連鎖―』公式Webサイトより)

『消せない「私」―復讐の連鎖―』
『消せない「私」―復讐の連鎖―』(画像出典:公式Webサイト
2024年の冬ドラマもほとんどがスタートし、大きな話題を集めている作品が続出しています。お気に入りのドラマを毎週見ている人も多いと思いますが、そんな中で、同じ俳優が出演している……と違和感を覚えたこともあるのではないでしょうか?

今期の冬ドラマでは、志田彩良さん、影山優佳さん、眞島秀和さん、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)さん、小野花梨さんらが2つのドラマに出演。それぞれの作品で演技を披露しています。

今回は、複数のドラマになぜ同じ俳優が掛け持ちで出演しているのか、スケジュールはどうしているのか? など、元テレビ局スタッフの筆者がその裏側を解説していきます。

テレビ業界に存在する“鉄則ルール”って?

まず、テレビ業界には「裏かぶり」が原則禁止というルールがあります。同時刻に同じタレントが局をまたいで番組に出演しないようにするもので、編成や制作などはかぶらないように出演者を調整します。

タレント事務所も不要なトラブルに巻き込まれないよう、スケジュール管理を徹底。急に、大型の特別番組で人気の芸人などが画面から消えることもあり、この裏かぶりのルールを知っている視聴者も多いのではないでしょうか?

裏かぶりはCMスポンサーへの配慮がメインとなり、どれだけ技術が進歩してもテレビ業界では鉄則のルールになります。

ドラマでも「掛け持ちNG」は暗黙のルールだった?

さて、ドラマにも似たようなルールがありました。以前ならば、原則的には同じクールの作品を掛け持ちしないという暗黙のルールがあり、特に主演に関してはかぶりがないように調整されます。裏かぶりに近いもので、CMスポンサーはドラマに対して広告料金を支払うわけなので当然のルールとなります。また、作品ではそれぞれの俳優が役を演じるので、視聴者の思い入れが分散することになります。

とはいえ、ここ数年で同じクールで出演作を掛け持ちする俳優が多くなりました。その理由の1つとしては、ドラマ枠が急増したからだと考えられます。2023年秋の番組改編では、フジテレビ「金曜21時台」のドラマ枠が約54年ぶりに復活。同じく、テレビ朝日や日本テレビなどもドラマ枠を増やしています。
  その要因には、TVerをはじめとした見逃し配信サービスが人気となり、新たな視聴層の獲得ができるようになったことがあげられます。また、ヒット作となれば映画化をはじめ、DVDなどでの販売も可能。バラエティや情報番組よりも収益の可能性が高く、有効なコンテンツとして各局が利用できるからです。

ドラマ枠が増えたことで、役を演じる俳優の奪い合いが起きています。主演はもちろんのこと、作品のクオリティを考えれば、脇役もしっかりとした俳優を確保したいところ。それに、少しでも話題性があり、視聴者を引き付けてくれる俳優をキャスティングしたいと制作陣は考えます。
次ページ
2作品で主演!? ドラマ掛け持ちの人気俳優たち
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始