『グレイトギフト』第1話 おとなしい反町隆史が新鮮! “殺人球菌”をめぐる大病院ミステリーに期待大

1月18日より放送スタートしたドラマ『グレイトギフト』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:テレビ朝日『グレイトギフト』公式サイト)

反町隆史さんが“うだつの上がらない病理医”役で新境地を開拓するドラマ『グレイトギフト』(テレビ朝日系)が1月18日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントともに今後の見どころを紹介します。

グレイトギフト
画像出典:テレビ朝日『グレイトギフト』公式サイト

第1話のあらすじ

名鏡医科大学付属病院に検査入院していた元首相・愛宕克己(山田名郷)が突然死し、同院の病理医・藤巻達臣(反町隆史)は死因を調べるため遺体を解剖。そんな中、検査技師・久留米穂希(波瑠)は「殺されたのかもしれない」と言い出します。遺産相続を巡って愛宕の愛人・安曇杏梨(倉科カナ)と争っていた遺族が、杏梨による殺人だと疑い院内で騒いでいたとのこと。

遺体を調べた藤巻は、右頸部に残っていた黒いシミに気づいて採取した液状検体から、なんと未知の球菌を発見。しかも球菌は採取後1時間で突然消滅。完全犯罪を可能にするどころか、院内はもちろん世界中の命を危険にさらす“殺人球菌”かもしれないと問題視した藤巻は、理事長・奥野信二(坂東彌十郎)に直訴。新たな検体の採取に着手します。そんな中、院内では新たな患者が不審死し、右頸部にはあの謎の黒ずみが。

一方、同院に入院中の藤巻の妻・麻帆(明日海りお)の容態が急変。厚労省から新しい手術の認可をもらうため、藤巻は奥野が“殺人球菌”を隠蔽(いんぺい)しようとしている事実を盾に奥野を脅し、手術の認可をとりつけさせます。麻帆の主治医で奥野と敵対している心臓外科医の白鳥稔(佐々木蔵之介)は殺人球菌の存在を知るや、医学界と患者の未来のために立ち上がると奮起。奥野を理事長解任に追い込むと言い、藤巻に検体を培養するよう指示。

藤巻は殺人球菌の培養に成功。しかし教授会の最中に奥野もまた突然死。白鳥が殺人球菌を悪用したのです。白鳥は疑惑の目が藤巻に向くよう周到に用意していました。そんな中、警察が連続不審死を疑問に思い病院を訪問。白鳥と藤巻に検死すべきか否か助言を求めます。追い詰められた藤巻は、白鳥の画策に乗って球菌の存在を隠蔽し、共犯となる道を選び――。

グレイトギフト
画像出典:テレビ朝日『グレイトギフト』公式サイト

大病院のドロドロ人間関係と死角なしのキャスティングに期待大

脚本を手掛けるのは、『ラストマン-全盲の捜査官-』(2023年)、『マイファミリー』(2022年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年、2023年)などTBS系の日曜劇場で数々のヒット作を手掛けてきた脚本家・黒岩勉さん。黒岩さんらしい緻密な伏線、予測を裏切る意外性が畳み掛けるミステリーが期待される中、主演を務める反町さんも、ぼそぼそとしゃべり人と目を合わせない“うだつの上がらない病理医”という新境地を見事に好演していました。

X(旧Twitter)では、「大病院のドロドロした人間関係と球菌という肉眼では見えない殺人道具の恐怖で初回から濃い内容だった」「ギラッギラに悪い蔵之介さんもよかったし、いい人すぎて利用されちゃう反町さんもよかった。キャストに死角がない」「反町さんすごいな。役の幅が広がってる」「佐々木蔵之介、やっぱり悪役が似合う」「波瑠ちゃんこあれからどう絡んで来るのか」「なんかもう全員怪しく見える」などのコメントが寄せられています。

第2話では、警視庁の元捜査一課掲示・神林育人(尾上松也)が一連の不審死にある違和感を覚え、行政解剖を決断。白鳥から麻帆の手術を盾に殺人球菌“ギフト”の隠蔽を指示された藤巻は、良心の呵責に苛まれながらも、遺体に残るギフトを消滅させようとするが……。藤巻の一挙手一投足や、彼を取り巻く個性的なメンバーたちの動き、そして“殺人球菌”を生み出した真犯人は一体誰なのか、物語の展開から目が離せません。

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは