2024年のドラマ初めはこれで決まり! “神キャスティング”の日曜劇場など注目冬ドラマ3選

2024年1月期の冬ドラマは、バラエティ豊かな作品が勢ぞろいしています。この記事では、元テレビ局スタッフが、厳選したオススメ3作品の魅力と見どころを初回放送日と共に徹底解説します。(サムネイル画像出典:『不適切にもほどがある!』公式Webサイト)

2024年1月から、早くも各テレビ局で新たなドラマがスタートします。NHK大河ドラマは、1月7日から主人公・紫式部を吉高由里子さんが演じる『光る君へ』がスタート。民放各局では、深夜ドラマも含めて数多くのドラマが放送されます。いろいろな作品がありますが、皆さん限られた時間でどのドラマを見たら良いのか迷うところでしょう。

そこで、この記事では元テレビ局スタッフであり、現在はほぼ全てのドラマをチェックしている筆者が、“これだけは絶対に押さえるべき”という3つの作品を紹介します。

設定だけで号泣必須!? ハートフルな家族愛を描く

『春になったら』(カンテレ・フジテレビ系)
2024年1月15日スタート 毎週月曜日22時『春になったら』(画像出典:公式Webサイト
奈緒さんととんねるず・木梨憲武さんがダブル主演を担当する『春になったら』(カンテレ/フジテレビ系)。『HERO』(フジテレビ系)、『龍馬伝』(NHK総合)など多数のヒット作を手掛けた福田靖さんのオリジナル作品で、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」の姿を描きます。出演者は、濱田岳さん、小林聡美さん、深澤辰哉(Snow Man)さん、影山優佳さんら、演技派から若手まで魅力ある俳優が勢ぞろい。

「笑って泣けるハートフル・ホームドラマ」と銘打つ作品で、「結婚」と「死」という対極にあるような出来事を、3カ月後という時間軸で表現します。また、母を亡くして反発しながら支え合ってきた父娘が題材で、事前に明かされている設定だけでも号泣できそうな作品です。

奈緒×木梨憲武の最強タッグに期待

奈緒さんが演じる椎名瞳は、しっかり者の助産師。木梨さんが演じる瞳の父親・雅彦は、頑固で自由人の敏腕実演販売士となります。公開されている予告動画でも、奈緒さん、木梨さんともに表情が豊かなキャラクターで、期待度は一気に上がります。

2人で幸せのために、「結婚までにやりたいこと」と「死ぬまでにやりたいこと」をかなえていくストーリーとなり、父親目線でも娘目線でも泣ける作品となりそうです。

若い世代の視聴者にはなじみがないかもしれませんが、木梨さんは多くのドラマでこれまで名演技を見せてきました。『甘い結婚』『小市民ケーン』(ともにフジテレビ系)で、俳優として高い評価を獲得。そんな木梨さんが、今まさに勢いに乗る奈緒さんとどんな作品を作り上げるのでしょうか?
次ページ
「コンプラ時代」だからこそ見たいドラマ!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】