2024年のドラマ初めはこれで決まり! “神キャスティング”の日曜劇場など注目冬ドラマ3選

2024年1月期の冬ドラマは、バラエティ豊かな作品が勢ぞろいしています。この記事では、元テレビ局スタッフが、厳選したオススメ3作品の魅力と見どころを初回放送日と共に徹底解説します。(サムネイル画像出典:『不適切にもほどがある!』公式Webサイト)

昨今のコンプラ重視を笑い飛ばす“タイムスリップ”コメディー

​​​​​​​『不適切にもほどがある!』
2024年1月26日スタート 毎週金曜日22時『不適切にもほどがある!』(画像出典:公式Webサイト
次に紹介するのは、日本を代表する脚本家・宮藤官九郎さんと、盟友である阿部サダヲさんがタッグを組む『不適切にもほどがある!』(TBS系)です。これまでさまざまな作品を作り上げてきた宮藤さんが描くのは、「意識低い系タイムスリップコメディー」。1986年から2024年にタイムスリップしてきた“昭和のダメおやじ”である小川市郎を阿部さんが担当。市郎は、昭和丸出しの言動が多く、コンプライアンスで縛られている令和の時代では考えられないような不適切発言や行動をくり返していきます。

しかも、設定が中学校の体育教師で野球部顧問。言葉遣いが荒く、現代では考えられない市郎の姿を、どんな役でも自分のものにしてしまう阿部さんが見事に演じてくれそうです。

今やタブーな“不適切言動”に期待! クドカンワールド炸裂か

このドラマの最大の見どころは、コンプライアンスでガチガチになっているテレビを使って、どんな不適切な市郎の言動を見せてくれるかという所。SNSの炎上や、BPO(放送倫理・番組向上機構)からの厳しい視線を気にしてバラエティ番組でもむちゃができない現代に、どんな問題行動を披露するのか楽しみです。また、令和ではタブー視される不適切な言動で、どうやって周囲の人たちの心を動かすのか、“新たなクドカンワールド”を見ることができるでしょう。

共演には、仲里依紗さんをはじめ、磯村勇斗さん、吉田羊さん、山本耕史さん、古田新太さんら曲者ぞろい。主題歌も、人気が急上昇しているCreepy Nutsが担当し、今期の冬ドラマで最大の注目作になりそうです。

また、制作陣にはTBSの作品で、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』など阿部さん&宮藤さんと共に名作を生み出してきた、磯山晶さん・金子文紀さんなどが参加します。
次ページ
「西島秀俊×芦田愛菜」ってもう名作確定……
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選