『春になったら』第1話 今期イチ“泣けるドラマ”爆誕!? 奈緒&木梨憲武演じる父娘の3カ月に期待大

1月15日に放送されたドラマ『春になったら』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:関西テレビ『春になったら』公式サイト)

奈緒さん、木梨憲武さんがW主演で親子役を演じるドラマ『春になったら』(カンテレ・フジテレビ系)が1月15日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

春になったら
画像出典:関西テレビ『春になったら』公式サイト

第1話のあらすじ

助産師の椎名瞳(奈緒)は6歳の時に母を亡くして以来、22年間、父・雅彦(木梨憲武)と1つ屋根の下で支え合って暮らしてきました。勤務先の院長・杉村節子(小林聡美)のもとで命の始まり、新しい家族の始まりの瞬間に立ち会うことに幸せを感じる日々。一方、頑固で自由人な雅彦は、持ち前のキャラクターと話術を武器に、やり手の実演販売士として活躍しています。

2024年の元旦。瞳と雅彦は互いに「報告したいことがある」と切り出し、「せーの」で同時に発表することに。瞳は「3カ月後に結婚します」、雅彦は「3カ月後に死んじゃいます」と告白し、互いに絶句。雅彦は瞳の結婚相手・川上一馬(濱田岳)が10歳年上の売れないお笑い芸人だと知り猛反対。一方の瞳は、ステージ4のすい臓がんだという雅彦の話をうそだと決めつけて取り合いません。

反対されても絶対に結婚すると言い張る瞳。大学写真部の友人、岸圭吾(深澤辰哉)と大里美奈子(三上愛)にも報告すると、圭吾は父同様に反対し、美奈子だけが応援すると味方につきます。「死んでも死にきれない」とかたくなに結婚を認めない雅彦。その言い分を確かめるべく、瞳は雅彦の主治医のもとを訪れ、雅彦の末期がんが事実で治療を受けないと決めたことを聞かされます。

治療の副作用で苦しむより、残された時間を好きに生きたいと言い張る雅彦。瞳は「死んじゃやだ! 私のために治療を受けて」と泣いて訴えるも、雅彦はかたくなに拒否。状況を知った一馬も結婚を延期しようと言い始めます。そんな矢先、一馬のお笑いライブ会場に雅彦が乱入。一馬の芸に文句をつけ結婚を認めないとまくしたてる中、一馬がバツイチの子持ちであることが判明。ますます激怒する雅彦に対し、瞳は一馬と結婚すると宣言し――。

春になったら
画像出典:関西テレビ『春になったら』公式サイト

奈緒×木梨憲武の掛け合いが絶妙!今期イチ“泣けるドラマ”になる予感

父・雅彦を演じる木梨さんは1999年7月期の『小市民ハリケーン』(フジテレビ系)以来、実に24年ぶりとなる連続ドラマ主演。本作では頑固だけど憎めない明るいキャラクターの父を好演し、奈緒さん演じる娘・瞳との掛け合いも小気味いい絶妙なバランス。初回から笑いあり涙ありのテンポ良い展開で、命の始まりに立ち会う娘×命の終わりに向き合う父のハートフル・ホームドラマがどう繰り広げられていくのか期待が膨らみました。

X(旧Twitter)では、「ぜったい泣けるやつやん」「久しぶりに号泣した…」「今期最強のドラマが早くも決定しそう!」「年齢的に身につまるストーリーですが、奈緒さんの笑顔と、憲武さんの笑顔が可愛くて切なくて、良かった」「過度に悲観的にならずにくすっと笑えて心温まるお話で、3ヶ月後に向けてどう過ごすのか楽しみ」「こういうドラマに主題歌福山雅治は涙腺崩壊する日が目に見えてるから反則!」などのコメントが寄せられています。

一度はキャンセルした結婚式をやはり決行すると息巻くも、雅彦に祝福されて結婚したいという思いは捨てきれない瞳。一方、体の異変を感じ始めた雅彦は、“死ぬまでにやりたいことリスト”を作成。それを見た瞳は、自分がいながらなぜこうも簡単に死を受け入れるのか理解に苦しみ、雅彦の本当の気持ちを聞き出そうと主治医を訪ね――。互いに思い合うあまり、素直になれなかったり強い口調で返してしまったり……そんな父娘があと3カ月、どう過ごしていくのか注目です。
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】