『さよならマエストロ』第1話 西島秀俊&芦田愛菜の過去に何が……? 感動の演奏&衝撃のラストも!

1月14日に放送されたドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『さよならマエストロ』公式Webサイト)

西島秀俊さん、芦田愛菜さんが父娘としてW主演するドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系)が、1月14日より放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式Webサイト

第1話のあらすじ

天才指揮者・夏目俊平(西島秀俊)は5年前のとある事件を機に指揮者を辞め、音楽の街ウィーンで家族と離れて暮らしていました。そんな俊平のもとに、日本にいる妻・志帆(石田ゆり子)から、フランスで画家の仕事が入ったため日本で子どもたちの面倒を見てほしいと連絡が入ります。

20年ぶりに帰国した俊平。息子の海(大西利空)のフランクな態度とは裏腹に、娘の響(芦田愛菜)は目を合わせようともせず。料理もできない俊平と家族3人の気まずい生活がスタート。響もまた5年前の事件を機にバイオリンを辞め、音楽が大嫌いになっていました。

翌朝、夏目家に晴見市役所観光課の古谷悟史(玉山鉄二)が訪問。市民オーケストラ「晴見フィルハーモニー」の団長でもある彼は、存続の危機にある楽団の指揮を俊平に頼みに来ました。実は志帆が勝手に俊平が指揮することを約束していたのです。古谷の依頼を固辞する俊平でしたが、断ろうと練習場を訪れるたび、ついアドバイスを口に。楽団員たちは俊平への敬意を高めていきます。

一方、晴見市役所に勤める響は、晴見フィルが演奏会を開く「晴見あおぞら文化ホール」通称「あおぞらホール」の担当に。晴見フィルの団員で観光課の森大輝(宮沢氷魚)から俊平の話を聞くも拒絶。そんな中、晴見フィルはいよいよ年度末での解散が決定してしまいます。団員たちの士気は下がり、演奏会当日も身が入らないというその時、指揮者として俊平が現れます。

俊平は音楽と娘と再び向き合う覚悟を決めていました。「終わりが決まったオーケストラにもできることはある。音楽は人の心を救うことができる」という俊平の言葉に心を動かされた団員たちは、最高の演奏を披露するのでした。

さよならマエストロ
画像出典:TBS『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』公式サイト

西島マエストロの指揮振り&音楽アドバイスが独特で新鮮

2023年1月より放送されたドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系)と設定が似通っているものの、本作では最初から団員たちの腕は確か。作中で演奏されたベートーヴェンの交響曲「運命」への解釈や、俊平の団員たちへの独特なアドバイスなど、音楽ドラマファンには新鮮に感じる部分も。

オーケストラ存続ではなく、父と娘、家族の再起が本作のテーマなのだろうと思われる中、ラストシーンではフランスにいるはずの志帆と古谷が密会。2人の懇意な関係が示唆され、今後の展開にどう影響していくのか気になりました。

X(旧Twitter)では、「西島さんの指揮わりと好き。楽しそうに振る」「強烈な指導力ではなく、優しく団員の音楽が好きという気持ちを引き出していくマエストロ好きだな」「響は何であんな怒ってるの」「響がなんで音楽辞めたのか、俊平がなんで指揮者辞めたのか気になる」「西島さんと石田ゆり子さん、またまた夫婦役。これで何作目ですか」「志帆はただ不倫してるわけじゃなさそう」などのコメントが寄せられています。

志帆と古谷の関係も気になる中、何も知らない俊平は晴見フィルの指揮者を引き受けることに。市長(淵上泰史)に3カ月で廃団だと念を押されながらも、新しい演奏曲を提案し、さらに新メンバーも募集することに……!? 柔和ながら無邪気で少し捉えどころのない俊平が、楽団や家族の再起のためにどうアパッシオナート(情熱的)に動いていくのか期待です。

 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】