2024年「冬ドラマ」期待度ランキング! 2位『不適切にもほどがある!』、1位は?

映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks」を運営するつみきは、サービス内のデータに基づいた「2024年冬ドラマ期待度ランキング」を発表。1位に選ばれたのは?(サムネイル画像:『不適切にもほどがある!』ドラマ公式Instagramより)

映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks」を運営するつみきは、サービス内のデータに基づいた「2024年 地上波放送の冬ドラマ 期待度ランキング」を発表。今回はその結果を紹介します。

同ランキングは、地上波キー局およびNHKで2023年12月1日から2024年2月29日までに放送開始されるドラマ作品(単発ドラマ、集計時点で放送が終了している作品は除く)を対象としています。

>20位までのランキング結果を見る

2位:『不適切にもほどがある!』

2位は、宮藤官九郎さん脚本のオリジナルドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)です。主演は阿部サダヲさん、共演者には仲里依紗さん、磯村勇斗さん、吉田羊さんといった個性豊かなキャストが集結しました。

阿部さんが演じる小川市郎は、「地獄のオガワ」と恐れられる中学校のスパルタ体育教師。そんな昭和のおじさんが、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップする意識低い系タイムスリップコメディです。

1位:『光る君へ』

1位に輝いたのは、NHK大河ドラマ『光る君へ』でした。この作品は、平安時代に、1000年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた紫式部が主人公。

変わりゆく世を、変わらぬ愛を胸に懸命に生きた女性の物語で、主演は吉高由里子さんが務めています。共演者には藤原道長役の柄本佑さんをはじめ、岸谷五朗さんや国仲涼子さん、黒木華さんら豪華な俳優陣が並んでいます。
次ページ
20位までのランキング結果
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】