2023年は15分で完売! 「ピエール マルコリーニ」のアフタヌーンティが日本橋髙島屋に新メニューで登場

髙島屋のショコラの祭典、アムール・デュ・ショコラ。昨年は新宿髙島屋に出現した「ピエール マルコリーニのアフタヌーンティ」が、たった15分で予約満席となり話題となりました。その幻のアフタヌーンティが2024年、規模を拡大して再登場します!

新メニュー、ムースとブルスケッタを試食!

筆者は今年新登場となるメニューの中から2つを試食しました。
 
色がかわいらしい「ヴェリーヌ オ ショコラ & ピスターシュ」は、空気の含ませ方が絶妙! チョコとピスタチオ2種類のムースのふわっと感が楽しい味わいでした。

また「ブルスケッタ」はチョコづくしのメニューの中、箸休めになるようなセイボリー。チョコレートの甘さに沿うような優しく繊細な塩味で、希少な果肉・カカオ パルプの酸味のあるドレッシングがアクセントになっていました。
説明書き
取材会場にあった説明書き。1品1品読みながら味わうのも楽しい!
「ピエール マルコリーニ アフタヌーンティ」の予約は、1月17日(水)午前10時から。枠を増やしたとはいえ2024年も激戦、必至です。

<DATA>
期間:1月24日(水)~2月6日(火)
※ 1月17日(水)10時00分から予約開始
会場:日本橋高島屋S.C. 本館屋上「フィール グリーン カフェ」 ※ 予約制
予約サイト:日本橋高島屋「アムール・デュ・ショコラ」特設ページ
※1月16日(火) 18時00分から閲覧可能
最初から読む

この記事の執筆者:藤丸 由華 プロフィール
東京のラジオ局のアナウンサー時代を含め約30年、東京にこだわった取材を敢行。取材した都内のスポットは2000以上。2008年に独立し、現在はAll About東京ガイド、フリーアナウンサー、2足のわらじで活動。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も