オープンしたての虎ノ門ヒルズ「T-MARKET」で見つけた! “おいしい”“面白い”“絵になる”3つの名店

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が開業。地下鉄の駅に直結している地下2階のグルメスポット「T-MARKET」にも、さまざまなレストランがオープンしました。その中から、“おいしい”“面白い”“絵になる”の3拍子がそろったお店を3つご紹介しましょう。

長きにわたり工事が行われてきた虎ノ門ヒルズが、2023年10月6日(金)ついに完成。エリア内4棟目となる最後のビル「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が開業しました。
 
地上49階建てのステーションタワー。その中身は?
詳しくはコチラ 
T-MARKET
地下鉄の駅を降りてすぐというアクセスの良さ
ステーションタワーは名前の通り、日比谷線の新駅・虎ノ門ヒルズ駅(2020年6月開業)に地下2階で直結していてアクセス抜群! その直結フロア=地下2階にあるのが、朝8時から23時まで営業している全27店舗の「T-MARKET」です(今回は14店舗がオープン)。 
T-MARKETフロア
奥へ奥へと誘い込まれる楽しいスペース
約3000平方メートルという広大なスペースに並ぶのは、14店舗中9店舗がここにしかない新業態の店。その中から、特に“おいしい”“面白い”“絵になる”の3拍子がそろったおすすめのスポットを3つご紹介しましょう。 

dam brewery restaurant

dam brewery restaurant
「dam brewery restaurant」はクラフトビール醸造所がレストラン内に!
クラフトビール醸造所がレストラン内にあるブルワリーレストラン。「どんな食事にも最高に合う」をコンセプトにしているシグネチャービール・daily paper-Sasion-(レギュラーサイズ、税込780円)は、軽くてクセのないフルーティーな味わい。季節ごとにフレーバーを変えて醸造するそうです。
 
そのビールのパートナーとなるメインのメニューはなんと“フィッシュアンドチップス”!

イギリスの定番料理とはいえ、日本ではなかなか主役になることが少ないイメージですが、NYミシュラン3つ星店で日本人初の副料理長となり、現在完全紹介制レストラン「No Code」のオーナーシェフである米澤文雄シェフが監修したメニューだけに、これまでに味わったことのない外・カリッと、中・ふわっと感に感動します。

揚げ物というと途中から飽きてしまうこともありますが、白身魚に加えて大海老、イカ、ソフトシェルクラブ、サーモンなどから選べるほか、BBQソースやタルタルなどバラエティ豊かなディップソースが用意されているので完食できてしまいます。
 
レストラン内には、入手が難しいと言われる新進気鋭のアーティスト・友沢こたおさんが店のために描き下ろした大型作品も展示。1300円のランチプレートから気軽に利用できます。

 角打ち KAN

角打ち KAN
「角打ち KAN」は日本ならではのこの空間。インバウンドにも人気が出そうなお店です
全国約7500軒の飲食店やホテルなどに酒類を卸している大田区蒲田の酒屋・榎本酒類が手掛ける、「角打ち」と「おでん」の店。2つのスペースがしっかり分かれているのが特徴です。
 
「角打ち」エリアには、卸売業の知識と経験を生かしたトレンドを感じる日本酒が約10種類、国内外のクラフトビールが5種類以上、加えて焼酎やワインなどがずらりと並びます。そしてお酒の旨さを引き立てる、立ち飲みでさくっと食べられる料理が用意。飲み会の前の0.5次会にも、宴が終わった後しっとり締めたい時にも立ち寄りたい場所です。
 
そして出汁の香りが食欲をそそる「酒処」エリアには、カウンターの湯気の向こうに鍋ぎゅうぎゅうのおでんが。バラエティ豊かな25種類の「虎ノ門おでん」は、鰹と昆布で出汁をとった王道の味わいで、一品一品丁寧に染み込ませた味が口いっぱいに広がります。

日本が誇る日本酒文化をおでんと共に、ここから世界へ発信していくと意気込んでいるお店です。  

BEAVER BREAD BROTHERS

フロアの中央には朝から夕方まで自由に使える140席のパブリックスペースがあり、パンなど各店舗で購入したものを自由に食べられるというのも、T-MARKETの魅力です。 
BEAVER BREAD BROTHERS
「BEAVER BREAD BROTHERS」夜はパンの置かれた部分がバーカウンターに変身!
東京・東日本橋に店を構えるBEAVER BREADの姉妹店「BEAVER BREAD BROTHERS」はハード系のパンがお得意なベーカリー。食事に合うパンをはじめ、日本ならではの定番パンをアレンジした菓子パンや総菜パン、サンドイッチ、焼き菓子まで、ずらりと陳列されています。

美しくディスプレイされたパンの中から、インスピレーションに合ったものを選んで、その場ですぐいただけるのがうれしい点。
 
酸味が食欲をそそる「サンフランシスコ・サワー・ドゥ・ブレッド」(630円)や、小麦粉の中心部分だけを使ったぜいたくなパン「queue」(250円)はステーションタワー限定品なので、お土産などにも活躍してくれそうです。
 
そして印象的な孤をえがくカウンターは夜になるとバーに変身! ワインやウイスキーを片手に、おつまみパンやベーカリーならではのオーブン料理が楽しめます。 
『BEAVER BREAD BROTHERS』入り口
入り口からして絵になる「BEAVER BREAD BROTHERS」
以上、オープンしたばかりの虎ノ門ヒルズ ステーションタワーのT-MARKETで、“おいしい”“面白い”“絵になる”の3拍子がそろったお店を厳選して3つご紹介しました。
 
11月24日(金)にはさらに13店舗がオープンし、ますます充実。これからの進化にも注目が集まります。 


この記事の執筆者:藤丸 由華 プロフィール
東京のラジオ局のアナウンサー時代を含め約30年、東京にこだわった取材を敢行。取材した都内のスポットは2000以上。2008年に独立し、現在はAll About東京ガイド、フリーアナウンサー、2足のわらじで活動。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も