2023年は15分で完売! 「ピエール マルコリーニ」のアフタヌーンティが日本橋髙島屋に新メニューで登場

髙島屋のショコラの祭典、アムール・デュ・ショコラ。昨年は新宿髙島屋に出現した「ピエール マルコリーニのアフタヌーンティ」が、たった15分で予約満席となり話題となりました。その幻のアフタヌーンティが2024年、規模を拡大して再登場します!

「ピエール マルコリーニ アフタヌーンティ」が再登場!

全国各地の髙島屋で人気の、年に1度の“ショコラの祭典”「アムール・デュ・ショコラ」(2024年は1月19日(金)から順次スタート)。2023年、新宿髙島屋の会場には、日本に高級ショコラブームをもたらしたベルギーのショコラティエ、ピエール マルコリーニのアフタヌーンティが期間限定で初登場しましたが、予約開始からたった15分で10日間の予約が蒸発するように満席に。ベルギーの店舗でも味わうことができない、ピエール マルコリーニ初のアフタヌーンティとあって予約が殺到。涙を飲んだ人も多かったようです。 
ピエール マルコリーニ アフタヌーンティ
2024年のピエール マルコリーニ アフタヌーンティ
そんな方々に朗報が! 2024年は日本橋高島屋のアムール・デュ・ショコラに会場を移し、1月24日(水)から2月6日(火)まで、昨年より日数も席数も増やして、「ピエール マルコリーニ アフタヌーンティ」(7700円/税込)が再登場することになりました。

2023年からパワーアップ! 新登場メニューが3つ

カカオのあらゆる部位を使い、スコーンやセイボリー(塩味系のメニュー)までマルコリーニが手掛けた、世界中でもここにしかないアフタヌーンティ。各皿の詳細は次の通りです。
 
【1段目】
1段目
アフタヌーンティースタンドの1番上の段
・Petit Bisou/プティ ビズー
滑らかなプラリネの中にサクサクのフィアンティーヌとヘーゼルナッツが入ったチョコレート。
・Coeur Framboise/クール フランボワーズ
ホワイトチョコレートの中にフランボワーズの香りのビターガナッシュ。
・Coeur Rose-Passionfruits/クール ローズ パッションフルーツ
ホワイトチョコレートの中にバラとパッションフルーツで香りづけしたホワイトガナッシュ。
・Pierre Marcolini Grand Cru/ピエール マルコリーニ グラン クリュ
ピエール マルコリーニこだわりのカカオを最良のバランスでブレンドしたビターガナッシュ。
・Macaron Pierre Marcolini/マカロン ピエール マルコリーニ
サクサクのマカロン生地にこだわりのカカオをバランスよくブレンドしたビターガナッシュ。
・Macaron Pistache/マカロン ピスターシュ
サクサクのマカロン生地にピスタチオのプラリネを練り込んだホワイトガナッシュ。
 
【2段目】
2段目
新登場の「ヴェリーヌ オ ショコラ & ピスターシュ」は中央上
・Coeur Chocolat Blanc/クール ショコラ ブラン
フランボワーズの果実を閉じ込めたホワイトチョコレートムース。
・Tarte au Chocolat Orange/タルト オ ショコラ オランジュ
タルト生地の中にオレンジリキュールで香りづけした濃厚なガナッシュとオレンジコンフィ。
・Verrine au Chocolat & Pistache/ヴェリーヌ オ ショコラ & ピスターシュ ※新登場     
軽いミルクチョコレートのムース、ピスタチオのムース、ベリーのソース。
 
【3段目】
3段目
新登場のブルスケッタは1番左
・Endive Gratin/アンディーブ グラタン ※新登場
ベルギーの郷土料理、アンディーブ(チコリー)のグラタン。
・Bruschetta/ブルスケッタ ※新登場
トーストにスモークサーモン、モッツァレラチーズ、カカオパルプのドレッシング。
・Scone Nature/スコーン ナチュール
アフタヌーンティには必須のアイテム。バターと香ばしい小麦の香り。
・Scone au Chocolat/スコーン オ ショコラ
チョコレート生地にチョコレートチップ。オレンジの香り。
 
これにウェルカムティーのカカオティ。希少な「カカオ パルプ」(果肉)のピュレと「カカオ豆のロースト」が加わります(飲み物はコーヒー・紅茶、おかわり1人3杯まで)。
次ページ
新メニュー、ムースとブルスケッタのお味は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性