ヒナタカの雑食系映画論 第52回

亀梨和也、山田涼介……「サイコパス役」がハマり過ぎている俳優は誰? 日本映画10作品を厳選

「サイコパスを演じた俳優がいい意味でトラウマ級に怖かった、またはとてつもなく魅力的だった日本映画」の例を一挙10作品紹介します。(サムネイル画像出典:(C)2023「怪物の木こり」製作委員会)

怪物の木こり
『怪物の木こり』 12月1日(金)劇場公開 配給:ワーナー・ブラザース映画 (C)2023「怪物の木こり」製作委員会
他者への愛情や思いやりに乏しく、倫理観や道徳心が欠けている一方で、表向きには口達者かつ社交的で魅力的に見える……サイコパス(精神病質者)にはそのような特徴があります。

実際に近くにいれば恐ろしく危険な存在ではあるけれど、「安全圏」から観察できるのであれば惹かれてしまう……創作物におけるサイコパスなキャラクターは往々にしてそのような印象があるのではないでしょうか。

ここでは、「サイコパスを演じた俳優がいい意味でトラウマ級に怖かった、またはとてつもなく魅力的だった日本映画」の例を一挙10作品紹介しましょう。サイコパスと聞くと猟奇的な殺人鬼のイメージを持たれるかもしれませんが、決してそれだけではないことも分かるはずです。

1:『怪物の木こり』(2023年12月1日劇場公開)亀梨和也

第17回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介による映画化作品で、何よりの売りは「サイコパスVS連続猟奇殺人犯」という対戦カード。警察がサイコパスの犯罪者を追う創作物は数多くありますが、本作ではサイコパスの方が殺人鬼を迎え打つ(または追う)、逆転した構図になっているのです。
怪物の木こり
(C)2023「怪物の木こり」製作委員会
亀梨和也のキャスティングおよび演技は完璧というほかありません。とんでもなく美形であり、人間離れしたカリスマ性を持ち、朗らかな笑顔を浮かべる場面ではどうしても魅力的に見えてしまう一方、鋭い眼でにらみつけるようにゾッとするのですから。亀梨和也本人は「サイコパスというワードは印象が強いですが、過度に強い表現をしてしまわないよう、細かい表情や目の使い方を特に意識しながら二宮というキャラクターを演じました」と語っており、細やかな表現の妙にも注目です。
怪物の木こり
(C)2023「怪物の木こり」製作委員会
ほかの豪華キャストもいい意味で極端なキャラクターにハマっており、個人的には親友の脳外科医であり、同じくサイコパスである染谷将太のひょうひょうとしたとした言動にも惹かれてしまいました。真相にたどり着くまでのヒントがちりばめられており、二転三転する展開にハラハラできるなど、とにかくエンターテインメント性が高いので、PG12指定ならではの殺傷描写(もちろん必要なもの)が乗り越えられる全ての人におすすめします。

2:『BAD LANDS バッド・ランズ』(2023年)山田涼介

直木賞作家・黒川博行の小説の映画化作品で、特殊詐欺を生業とするきょうだいを主人公としたクライムサスペンスです。安藤サクラ扮(ふん)する「やさぐれているようで面倒見が良くて隠しきれない弱さもある」お姉ちゃんが、「サイコパスと自称してヤンチャを通り越して迷惑をかけまくる」山田涼介を「放っておけなくなる」関係性がたまらなく魅力的。山田涼介は『グラスホッパー』(2015年)の時もツンデレ気味な殺し屋にもピッタリで、今回も危うさとキュートさを同居させる役を完璧に演じきっていました。

猥雑な犯罪の世界で「もう後戻りできなくなる」様は見ていてつらく、苦しくもありますが、だからこそハラハラドキドキのエンタメ性があります。現在『バッド・ランズ』はほとんどの劇場で上映が終了していますが、2024年1月26日に山田涼介主演・浜辺美波共演の、声を捨てた青年と視力を失った音大生によるラブストーリー『サイレントラブ』が公開されるので、こちらにも注目です。
次ページ
鈴木亮平が出演する“あの映画”も!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは