ヒナタカの雑食系映画論 第50回

“普通の映画”では物足りない、刺激中毒な人に「過激コメディーの傑作5選」を見てほしい【2023年最新】

2023年公開の過激なコメディー映画を5作品紹介しましょう。「限界ギリギリ」を攻めた笑いを求める大人におすすめですよ。(サムネイル画像出典:『スラムドッグス』(C) UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

スラムドッグス
『スラムドッグス』 11月17日(金)全国公開 (C) UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved. 配給:東宝東和
コメディー映画とひと口に言ってもその内容はさまざま。ここでは刺激が強い、攻めたギャグが繰り出される大人向けの過激なコメディー映画を、2023年公開作から5作品紹介しましょう。

1:『スラムドッグス』(11月17日劇場公開)

犬が仲間と共に旅をするロードムービーであり、PG12指定(12歳未満には保護者の助言・指導が必要)止まりなので子どもも見ることも可能なのですが……そのレーティングでもギリギリと思われる下ネタが全開! しかも旅の目的はクズな飼い主への復讐(ふくしゅう)! それでも振る舞いが愛らしいワンちゃんたちと、エグめのギャグとのギャップを楽しめるでしょう。
スラムドッグス
(C) UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved. 
主人公が物語の冒頭では「飼い主は自分を大切にしていると信じていた」ことも重要です。ある種の「毒親」、または固執していた価値観からの解放の物語としても読み取れる、意外な志の高さと真っ当な教訓も備えているのです。日本語吹き替えのクオリティが最高で、特に個性豊かな4匹のワンちゃんたちにハマりまくった、ロバート・秋山竜次、マギー、森久保祥太郎、津田健次郎の掛け合いにはたまらないものがあります。とある有名な犬映画の、いい意味で悪意全開なパロディーにも注目です。

2:『首』(11月23日劇場公開)

構想に30年を費やした大作で、「どいつもこいつも狂ってやがる。」というキャッチコピー通り、まったく穏当な内容ではありません。首が次々に吹っ飛んで鮮血を撒き散らし、加瀬亮演じる織田信長が暴虐の限りを尽くすバイオレンス描写はさすがはR15+指定!「この超豪華キャストでこんなことを!?」という意外性も楽しめます。

同じく北野武監督作『アウトレイジ』のヤクザたちの「揉め事」の面白さを、有名な戦国武将に置き換えているともいえるでしょう。クセ強すぎなキャラクターたちが天下統一という価値観に躍起になる様はどこかむなしく滑稽でもあり、その「諦観」を感じさせることが北野武監督の作家性の1つです。羽柴秀吉(豊臣秀吉)の有名な「草履を懐に入れて温めていた」エピソードもギャグへと昇華されていて、やはりブラックコメディーとしての側面が強い作品といえます。
次ページ
『レンフィールド』『ハロウィン・キラー!』も!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応