恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第84回

アートな観光列車「ラ・マル・ド・ボア」で行く岡山備前エリアの旅! 限定グッズやご当地グルメを満喫

岡山駅を起点に4方向に向かう観光列車「ラ・マル・ド・ボア」。今回、日生行きの「ラ・マル備前長船」に乗車したので、車内の様子と沿線の観光スポットを紹介しよう

車内販売カウンターではドリンクと列車グッズが人気

ドリンク
人気ドリンク、白桃ネクター&コーヒー
しばらくは山陽本線を走る。終点までは1時間10分ほどと、それほど長い旅ではない。そんなこともあってか、発車してすぐに2号車の後方にある売店は人だかりがしている。

弁当をゆっくり食べている時間はないので、ドリンクが人気だ。中でも、フルーツ王国岡山にふさわしい白桃ネクターやコーヒーがよく売れている。
鉄道グッズ
購入した鉄道グッズと記念乗車証

列車の関連グッズも注目の的で、ヘッドマークをあしらった缶バッジが目にとどまる。「ラ・マル・ド・ボア」は行先によってヘッドマークを変えているので4種類ある。どれにしようか、あるいは全部買おうか迷うところだが、今乗っている「ラ・マル備前長船」のものだけを選んだ。

車内には、座席上方の荷棚に相当するスペースに本棚がある。沿線ゆかりの書籍が並んでいて自由に読めるようになっているが、車窓を見ていて飽きないし、乗車時間も比較的短いので、読書をする気にはなれなかった。また、自転車を持ち込めるスペースがあるものの、「ラ・マル備前長船」では、そのサービスは行っていない。
 

思わぬ子どもたちの歓迎

お見送り
東岡山駅では子どもたちが列車を見送ってくれた

10分もかからないうちに東岡山駅に停車。ここで10分少々停車する。意外なことに、地元の子どもたちが先生に引率され、旗を振って歓迎してくれた。跨線橋を渡り、列車が停車しているホームにやってきて、発車を見送ってくれる。もっとも、いつもあるイベントではなさそうだ。
 

>次ページ:JR赤穂線に乗り入れる
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】