恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第84回

アートな観光列車「ラ・マル・ド・ボア」で行く岡山備前エリアの旅! 限定グッズやご当地グルメを満喫

岡山駅を起点に4方向に向かう観光列車「ラ・マル・ド・ボア」。今回、日生行きの「ラ・マル備前長船」に乗車したので、車内の様子と沿線の観光スポットを紹介しよう

JR赤穂線に乗り入れる

分岐
赤穂線へ乗り入れ。左の複線は山陽本線
ここからは、大きく右にカーブして単線の赤穂線に乗り入れる。赤穂線は、終点の相生で再び山陽本線に合流する路線で、行き止まりのローカル線ではない。

かつては、山陽本線のバイパス的な役割も果たし、京阪神から赤穂線に直通し、岡山から再び山陽本線に戻る急行列車が運転されたこともあったが、山陽新幹線の博多開業を機に廃止された。現在は、普通列車のみの運行で、最優等列車が、月に何回か走る「ラ・マル備前長船」なのである。
湘南色
西大寺駅では懐かしい湘南色の115系とすれ違った

さて、列車は裸祭りで有名な西大寺に到着。停車駅ではないのでドアは開かない。単線で列車行き違いのための運転停車だ。岡山行きの昔懐かしい湘南色の115系電車が到着すると発車した。すぐに吉井川の鉄橋を渡り、遠くになだらかな山並みが望まれる平坦な田園地帯を快走する。
 

刀剣のふるさと長船

長船駅
長船駅に停車
20分余りで長船(おさふね)に到着。刀剣の産地として知られるところで、備前長船刀剣博物館がある。長船駅を発車してしばらくすると、進行方向左手に博物館の建物が見えるのだが、駅から歩くとかなりの距離だ。
刀剣博物館
刀剣博物館の入口
刀剣の貴重なコレクションを展示しているのみならず、職人による刀剣づくりのための作業を実際に見ることもできる。一見の価値があるので、ぜひ訪問したい。駅前からタクシーを利用すれば7分ほどで行ける。
刀剣工房
刀剣工房で作業中の職人さん

参考:「備前長船刀剣博物館」公式Webサイト
 
車内から刀剣博物館が見えてからしばらくすると、左手に新幹線の高架橋が寄り添ってくる。この先少しの間、新幹線の高架橋の南側を並走する。といっても赤穂線は、地上をひた走るので新幹線がよく見えるわけではない。右手の田んぼの中に727という赤字で書かれた看板が見える。
727
新幹線の車窓ではおなじみの野立て看板「727COSMETICS」

新幹線の車窓ではおなじみの看板だが、在来線の車両から見えるのは珍しい。山陽新幹線と並走しているから、新幹線の乗客が目にとどめるように設置されているのだ。長船駅から8分ほどで伊部駅に到着する。
 

>次ページ:備前焼の町、伊部
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは