「SixTONES」で歌がうまいと思うメンバーランキング! 2位「ジェシー」、1位は?

All About ニュース編集部は、「SixTONES」に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では、「SixTONES」で歌がうまいと思うメンバーランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:「SixTONES」公式Instagram)

2023年8月30日にニューシングル『CREAK』を発売して、勢いに乗っている男性アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」。各メンバーのパフォーマンス能力が高く、圧巻のステージを披露しています。

All About ニュース編集部は8月3日~9月1日、全国10~60代の242人を対象に「SixTONES」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「SixTONESで歌がうまいと思うメンバー」ランキングを紹介します。
 

>6位までの全ランキング結果を見る
 

2位:ジェシー


2位は「ジェシー」さんです。2006年9月にジャニーズ事務所に入所し、歌唱力の高さが早くから注目されさまざまなユニットに参加。SixTONESとしてメジャーデビューしてからはメインボーカルを担当することが多く、バラードからダンスナンバーまで甘く安定感のある歌声を披露しています。

個人では俳優業が好調で、2022年10月放送の『最初はパー』(テレビ朝日系)では地上波の連続テレビドラマ単独初主演を担当。現在は、陸軍大尉・津山ヨーゼフ清親役を演じた映画『リボルバー・リリー』が公開中です。

『有吉ゼミ』(日本テレビ系)、『オオカミ少年』(TBS系)などのバラエティ番組でも活躍中のジェシーさん。桑田佳祐さんや徳永英明さんの物まねも上手で、音楽番組やコンサート以外でも歌声を披露する機会が多いメンバーです。

回答者からは、「ラップやバラードなど、何でも歌いこなせるところです」(千葉県/30代女性)、「低い声で、容姿も整っていてかっこいいからです」(兵庫県/20代女性)、「ジェシーは生歌でもアカペラでも音源と同じ声が出る」(宮城県/20代女性)などのコメントが寄せられました。

1位:京本大我


1位は「京本大我」さんです。2006年にジャニーズ事務所へレッスン生として入所した京本さんは、父親が名俳優の京本政樹さんとして有名。グループの中では多くの楽曲でメインボーカルを務め、透き通るような美声はミュージカルなどの舞台でも生かされています。

2015年にミュージカル『エリザベート』に出演すると、2019年には『HARUTO』で初主演を担当。これまで数多くの舞台に出演し、2023年11月からは主演ミュージカル『シェルブールの雨傘』を控えています。

ミュージカルファンにも実力が認められている京本さんは、ドラマや映画でも大活躍中。ドラマでは『束の間の一花』(日本テレビ系)や『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系)に出演し、さらに映画では2024年夏に『言えない秘密』で主演を務める予定です。

作詞作曲ができるなど音楽の才能にあふれ、舞台やコンサートで自身の楽曲で美声を披露することも。歌がうまいメンバーの多いSixTONESの中で、多くの票を集めました。

回答者からは、「ミュージカルで鍛えられた歌唱力が素敵です」(埼玉県/20代女性)、「高音の伸びがとてもきれいだから」(大阪府/40代女性)、「ミュージカルをしているため、声の出し方がすごい。歌詞が聞きやすい」(福岡県/30代女性)などのコメントが寄せられました。
 

>6位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです


【SixTONESのCDやBlu-rayをチェック!】
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在