世界を知れば日本が見える 第23回

市川猿之助の両親に何が起きたのか、死因究明専門家の法医学者に聞いた「薬物中毒」の現実

歌舞伎役者・市川猿之助さんの両親が死亡した件で、報道によると「向精神薬中毒」で亡くなった疑いがあるという。向精神薬中毒や薬の飲み方の危険性について、日本大学医学部法医学教室の奥田貴久教授に聞いた。

市川猿之助さん(写真:Pasya/アフロ)

最近、衝撃のニュースが日本を駆け巡った。
 

歌舞伎役者の市川猿之助さんが5月18日に東京都目黒区の自宅で倒れているのが発見され、自宅内の別の部屋では死亡していた母親と、歌舞伎役者の父親・市川段四郎さんが意識不明の状態で見つかった。段四郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。猿之助さんは病院に搬送されたが命に別状はなかった。
 

両親の死因は「向精神薬中毒」

その後の報道では、「警視庁は19日、歌舞伎俳優市川猿之助さん(47)の東京都目黒区の自宅で倒れているのが見つかり死亡が確認された両親について、司法解剖の結果、向精神薬中毒で亡くなった疑いがあると明らかにした」(共同通信、5月19日付)という。
 

さらに猿之助さんは、警視庁の事情聴取より「両親と家族会議をして、一家心中を図った」疑いも報じられている。猿之助さんは「両親が睡眠薬を飲んだ」と語っているという。
 

猿之助さんの両親が飲んだ薬とは

向精神薬中毒の原因となる薬は、普通に薬局で手に入るものから、病院で処方されるものまでさまざまある。

『文春オンライン』の報道によれば、自宅には猿之助さんが病院で処方されてたまっていた睡眠導入剤があり、それを両親が飲んで意識を失ったということらしい。
 

猿之助さんの両親が薬物中毒で死亡したと報じられる中、筆者は、日常的に遺体解剖に従事し、薬毒物についての研究も行っている法医学者で日本大学医学部教授・奥田貴久氏に、薬物中毒の現実について話を聞いた。
 

奥田教授は、「最近では薬物を大量に摂取することによる死亡事件をニュースでよく目にしますが、以前に比べてカフェインや風邪薬など身近な誰でも手に入る薬物を大量に摂取するケースも少なくない」と語る。


>次ページ:薬を大量に飲むことで人はすぐに死に至るものなのか

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応