SMエンタ“ドロ沼買収劇”の裏にあったK-POP業界の「危機感」と「成長痛」【K-POPゆりこの沼る韓国】

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし! #16は「SMエンターテインメント買収騒動の総まとめ」&「HYBEが憂慮するK-POPの危機」について。

ブームで終わらないためにK-POP業界が味わう「成長痛」

aespa
SMエンタに所属するaespa(※7


ゆりこ:「変わらなきゃ」っていう危機意識はSMもHYBEも共通している中、あえて2社の微妙な違いを見いだすとするなら。今のSMが最優先で守りたいものは「自社ブランド」で、HYBEはもう1歩先の「K-POP業界全体」まで考えているのかなって。あくまで私の見え方ですが。

矢野:ああ、なんかK-POPファンとしてはヒヤヒヤしたりモヤモヤした数カ月でしたが、これはK-POP業界にとっての“成長痛”だったのかもしれませんね。さらに発展していくための。

ゆりこ:あまりにお花畑思考が過ぎる! と叱られてしまうかもしれないけれど、どこか心の片隅で「こんなに大金や人生をかけてK-POPに向き合っている人、会社が存在するってすごいな」って感心していました。

矢野:いろいろ暴露されて批判されているイ・スマンさんだって人生の大半をK-POPに捧げて、ずっと貢献してきた部分は否定できない。

ゆりこ:aespaに「植樹ソング」を強要した話はひどい! って思いましたが(苦笑)。まだまだ野心も気力もおありのようですし、新生スマン企画(?)からアッと驚くようなアーティストが出てくるかも。その場合、生身の人間じゃない予感もするなぁ。

矢野:デビュー準備中のSMのバーチャルアイドルと直接対決! なんて日が来たら面白いですね。そしてパン議長のスピーチも素直に受け取れば、真剣にK-POP業界の未来を考えて動こうとしているってこと。

ゆりこ:根底にプライドの問題や山っ気はあれど、3社ともK-POP業界の未来に対して“ガチ”なのは伝わります。騒動が落ち着いた今だから言えることですが、ちょっとその状況がうらやましいとさえ思ってしまうわ。今の日本では起こり得なそう……。

矢野:HYBEとカカオが迅速に手を組めたのも「K-POPビジネスをより強固なものに成長させよう」というゴールが一緒だったからでしょうね。利害の一致。

ゆりこ:現代の韓国にとってK-POPは時に争いの火種にもなるけれど、新たなアイデンティティとマネーが湧く“夢の油田”なんですね、きっと。

矢野:われわれは枯れないように推し続けるまでです。
 

【ゆるっとトークをお届けしたのは……】
K-POPゆりこ:韓国芸能&カルチャーについて書いたり喋ったりする「韓国エンタメウォッチャー」。2000年代からK-POPを愛聴するM世代。編集者として働いた後、ソウル生活を経験。

編集担当・矢野:All Aboutでエンタメやメンズファッション記事を担当するZ世代の若手編集者。物心ついた頃からK-POPリスナーなONCE(TWICEファン)。
 

参考
※1:CBSノーカットニュース 2023年3月31日
※2:NEWSIS 2023年2月21日
※3:Kstyle 2023年2月16日
※4:AFPBB News 2023年2月19日
※5:中央日報 2023年3月13日
※6:プレスリリース
※7:プレスリリース
 

【おすすめ記事】
BTS・RMの発言から考える、K-POPアイドルの「働き方改革」
なぜ? K-POPアーティストが日本語曲を発表する理由
・ 意外と知らない「韓国の兵役制度」
「実は高学歴」と知って驚いたK-POPアイドル 3位 ジン(BTS)、2位 チャンミン(東方神起)、1位は?
日本人が驚く韓国旅行の「お金事情」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは