SMエンタ“ドロ沼買収劇”の裏にあったK-POP業界の「危機感」と「成長痛」【K-POPゆりこの沼る韓国】

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし! #16は「SMエンターテインメント買収騒動の総まとめ」&「HYBEが憂慮するK-POPの危機」について。

現在のK-POP覇者「HYBE」があえてSM買収合戦に乗り出した理由とは

矢野:これまでの流れで、SMとカカオが「改革」を求めていたのは理解できたのですが、今のHYBEは国内外で絶好調じゃないですか。BTSの不在は大きくとも、メンバーのソロ活動も盛り上がっていますし、傘下レーベルの新人NewJeansもLE SSERAFIMもブレーク中。未来は明るそうですよ?

ゆりこ:ジミンさん(BTS)なんてソロ曲『Like Crazy』でアメリカのビルボード1位の快挙ですからね。


ではここからHYBEの話をしますと、創業者のパン・シヒョク議長がSM買収を撤回した直後に、あるフォーラムでスピーチした内容がとても興味深かったんですよ。
 

パン・シヒョク議長 画像:写真:ロイター/アフロ
パン・シヒョク議長 写真:ロイター/アフロ


矢野:「K-POP業界の成長は鈍化している」的な発言をされたんでしたっけ。SNSで見かけたような……。

ゆりこ:それです。ここで突然話がガラッと変わるのですが、矢野さんって『SLAM DUNK』をご覧になったこと、あります?

矢野:実は、漫画もアニメも見たことないです。元バスケ部なのに(笑)。でも最近映画で再び盛り上がっていることは知っています。その『SLAM DUNK』と何か関係が?

ゆりこ:パン議長がフォーラムの途中で突然、『SLAM DUNK』とレスリー・チャンの話を始めるんです。

矢野:かなり前に亡くなっている俳優さんですよね、香港の。

ゆりこ:はい。で、その後に「香港映画や日本漫画ブームは90年代カルチャーの象徴であり、すでに“思い出”として回顧されるものになっている」、つまり「K-POPブームだって“思い出”になりかねないんだ」と続けたのです。なかなかハッとする話でしょう? 

矢野:説得力がありますね。現に僕ら世代は『SLAM DUNK』を通ってきていない人もいるわけで。大人気だったモノがいつの間にか懐かしいモノになってしまう例は無限にあります。
 

>次ページ:HYBEが目指すものとは

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選