SMエンタ“ドロ沼買収劇”の裏にあったK-POP業界の「危機感」と「成長痛」【K-POPゆりこの沼る韓国】

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし! #16は「SMエンターテインメント買収騒動の総まとめ」&「HYBEが憂慮するK-POPの危機」について。

HYBEが目指すのは「エンタメ界のサムスン」であり「韓国発のディズニー」?

パン・シヒョク議長(※5)
パン・シヒョク議長(※6


ゆりこ:そしてパン議長の話の続きなのですが、「実は世界的に見るとアルバム売り上げもチャートイン回数もSpotifyの再生回数も減少傾向」「韓国の芸能事務所のアルバム売り上げは世界のアルバム市場の2%にも満たない」となかなかシビアな内容でして。

矢野:ここ数年、K-POPに関してはどちらかといえば良いニュースの方が目に入るじゃないですか。ビルボードの何位になったとか、YouTubeの再生数が1億回超えたとか。

ゆりこ:でしょう。だから私は軽くショックでしたよ。無意識にうれしいニュースばかり目に入れていたのかもしれない、と反省もしました。K-POPにハマって15年以上、多少の浮き沈みはあれど大局的には上り調子だと盲信していた部分があった。

矢野:日本を含め、アジア圏ではすでにテッパンのジャンルだと思っていました、僕も。

ゆりこ:アメリカで「BTSが〜」「BLACKPINKが〜」と好意的に報道されていても、実際ビジネスの交渉現場に行くと、まだまだ韓国事務所の立場は弱いのだとパン議長は嘆かれるのですよ。

矢野:つまり「HYBEでさえ北米市場ではまだまだ非力、K-POP人気だって未来永劫じゃない」という主張ですね。

ゆりこ:そう受け取りました。グローバルではいまだユニバーサル ミュージック・ワーナーミュージック・ソニーミュージックの独壇場。たった3社で全体売り上げの約70%を占めているそうです(※5)。だからそこに対抗できるよう、おごらずに危機感を持って変革しないといけないし、“エンタメ界のサムスン”が必要なのだと。

矢野:つまりそれがHYBEもSM買収に動いた理由の1つ、ということですね。確かに以前から僕もHYBEは韓国発のユニバーサル ミュージックやウォルト・ディズニー社のような存在を目指しているのでは? と薄々感じていました。

ゆりこ:今回のパン議長のコメントは“表立って言える部分”で、きっときれいごとだけではないでしょう。ただ、HYBEが抱えている「このままではK-POPが一時代の流行に終わってしまう」「韓国のエンタメ企業はアメリカに行けばいまだ乙の立場」という危機意識に偽りはない気がする。

矢野:今が正念場だというのもうなずけます。こんなにも世界中がK-POPに注目しているタイミングは初めてなわけですから。ここからさらに盛り上がるのか、みんなの思い出となってしまうのか……分岐点ですね。
 

>次ページ:ブームで終わらないためにK-POP業界に必要なこととは?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは