世界を知れば日本が見える 第11回

サッカー日本代表の活躍で沸くカタールW杯、世界ではなぜ批判されている?

日本代表の決勝トーナメント進出で国内でも盛り上がっているサッカー「FIFA ワールドカップ カタール 2022」大会。だがその裏で、目を背けてはいけない数々の疑惑がある。それは……。

死者数は本当に37人だけなのか

人口の90%が移民労働者であるカタールでは、スタジアムなどの建設も全て外国人労働者が安い賃金で担う。かたや人口の1割ほどのカタール人は平均世帯月収が2万ドル前後で、スタジアムなどの建設に直接関わることはない。
 

例えば、フランスのテレビ局によるドキュメンタリーでは、ケニアからカタールに出稼ぎに来ていた労働者に密着。その男性は、ケニアよりも2~3倍の給料が稼げるという触れ込みで、1500ユーロの手数料を払ってカタールの首都ドーハに到着したという。しかも、食事と住まいも確保されているという契約だった。
 

ところがカタールでは、何人もが部屋に詰め込まれ、キッチンも冷蔵庫もないような劣悪な環境で、賃金未払いのまま働かされている人も。しかも、パスポートを取り上げられているため、地元当局に文句を言えば、そのまま報酬をもらえずに強制送還になる。

過酷な労働現場で死者も(画像はイメージ)

W杯に向けた灼熱(しゃくねつ)の工事現場の過酷な環境で働くことで、これまで少なくとも6500人以上が死亡しているとの批判も出ている。インドやスリランカ、バングラデシュ、ネパールからの労働者で合わせて5927人が、さらにパキスタンからの出稼ぎで824人が死亡しているという。これには、アフリカ諸国からの労働者は含まれない。
 

一方で、カタール側は、スタジアム建設で死亡した人の数は37人だけだと主張している


>次ページ:北朝鮮からの労働者たちも

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】