『ユニコーンに乗って』第9話 衝撃の大決断&優しいハグに反響「泣いちゃうじゃん」「最終回どうなるの⁉」

8月30日に放送されたドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)第9話のストーリーをおさらいしつつ、次週最終回の見どころに迫ります(画像出典:『ユニコーンに乗って』公式サイト)。

永野芽郁さんがエドテック企業の若きCEOとして奮闘するドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)。8月30日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終回の見どころを紹介します。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

第9話のおさらい

念願の「スタディーポニーキャンパス」がローンチした矢先、成川佐奈(永野芽郁)はサイバーモバイルCEO・羽田早智(広末涼子)からドリポニ買収を持ち掛けられます。大切な会社を手放すことなど考えられない佐奈は、創業メンバーの須崎功(杉野遥亮)と栗木次郎(前原滉)も同じ思いだと確認し、買収の話を断ります。しかし、スタポニキャンパスの海外展開を見据えるにつれ、会社にとってM&Aも必要な選択なのではと考え始めます。
 

そんな中、父・征一(利重剛)の会社が顧客情報流出トラブルに見舞われた功は、父の助けになりたいと願い、とあるスタートアップ企業が開発した最先端のセキュリティーシステムの導入を提案。父に無下に却下され、保守的で変わろうとしない大企業の姿勢にもどかしさを感じます。
 

大企業とスタートアップ企業がお互いにもっと理解し合えればいいのにという佐奈との会話からひらめいた功は、征一をドリポニのオフィスに連れてきて案内。小鳥智志(西島秀俊)という人生の先輩から学ぶことも多く、両者が歩み寄ることで互いに成長し合えるのだと伝えます。征一は功の提案に耳を傾け、セキュリティーシステム導入を社内で話し合う方向へ。
 

一方、佐奈はドリポニの皆が一生懸命作った「スタディーポニーキャンパス」を必要としてくれている人に一刻も早く届けるため、CEOとしてドリポニを残しながらも、よりパワーを得る方法としてM&Aを選択することを決断。佐奈の思いに心を打たれたドリポニ一同は、佐奈を信じてついていく決心を新たにします。仲間たちからのエールを胸に、佐奈は早智とともに共同記者会見に臨みました。
 

父の会社で大企業とスタートアップ企業の橋渡しをするという新たな夢を見つけた功は、ドリポニを辞める決意を固めます。佐奈と次郎は、功が決めたことなら応援しないわけがないと返答。功は感謝を込めて次郎をハグ。そして佐奈のことも抱きしめて――。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

衝撃の大決意!ラストの優しいハグに反響

CEOとしてたくさん悩んだ末、大きな決断をした佐奈。一方で功もまた、自分だけの夢を見つけて新たな道を選択しました。
 

Twitterでは「成川CEOを見てると信念がある人って本当に強いなと感じる。何かを得るために何かを捨てないといけない大事な場面で、正解はわからなくとも敏感に直感が働いて、筋の通った選択ができるのが羨ましいしかっこいい」「佐奈の説得でM&Aを受け入れるみんな。泣いちゃうじゃん。ポリシーがあって温かい会社、いいな」「功が佐奈を抱きしめる優しいハグやばかった」「社内恋愛禁止から解放されて、佐奈と功は結ばれるんだよね⁉」「来週最終回でどうなる⁉」などのコメントが寄せられています。
 

9月6日放送の第10話は、いよいよ最終回。サイバーモバイルとのM&Aで新たな一歩を踏み出した佐奈は、“ビジネスパートナー”ですらなくなってしまった功と連絡を取ることもできず。仕事に打ち込みすぎて体調を崩してしまいます。一方の功も佐奈を思い出してはモヤモヤを募らせ――。ついに結末に向けて動き出す佐奈、功、そして小鳥。大人の青春の行方から目が離せません。

 

『ユニコーンに乗って』第10話(最終回) 9月6日放送予告




【連載バックナンバー】
『ユニコーンに乗って』第8話 “海斗”坂東龍汰の過去&正体告白に「涙腺崩壊」「絶妙な表情と話し方」の声
『ユニコーンに乗って』第7話 イケおじ西島秀俊の浴衣姿にキュン死続出?「恋しないわけない」「一生ときめく」の声
『ユニコーンに乗って』第6話 西島秀俊の言葉にネット号泣「神フォロー最高」「グッときた」
『ユニコーンに乗って』第5話 杉野遥亮ついに告白!? 永野芽郁の不意打ちハグで…「待て早すぎる!」「まさか結ばれない結末?」の声
『ユニコーンに乗って』第4話 永野芽郁を救うべく杉野遥亮&西島秀俊が全力疾走! 神シーンにネット興奮
『ユニコーンに乗って』第3話 永野芽郁×杉野遥亮のムズキュン交錯理由が判明「なるほど」「切ない」の声
『ユニコーンに乗って』第2話 “小鳥”西島秀俊の名言がグッとくる! 「むしろヒロイン」「いい働きぶり」の声
『ユニコーンに乗って』第1話 永野芽郁の恋の相手は杉野遥亮か西島秀俊か?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望