『ユニコーンに乗って』第8話 “海斗”坂東龍汰の過去&正体告白に「涙腺崩壊」「絶妙な表情と話し方」の声

8月23日に放送されたドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ユニコーンに乗って』公式サイト)。

永野芽郁さんが若きCEOを演じ、スタートアップ企業でのチームの奮闘を描くドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)。8月23日に放送された第8話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

第8話のおさらい

海斗(坂東龍汰)の裏切りをいまだに信じられないながらも、新たなエンジニアの採用を決意した佐奈(永野芽郁)たち。正体不明の天才エンジニア“ミン・ソヌ”にコンタクトをとるため、彼が出場するeスポーツ大会に参戦します。しかし初戦で海斗が引き抜かれた「ゲームアカデミア」に当たったドリポニチームは敗退。ミン・ソヌのチームが優勝します。
 

そんな中、小鳥(西島秀俊)が突然会社を早退。心配した佐奈は須崎(杉野遥亮)の後押しを受けて、小鳥の自宅を訪問します。小鳥は介護施設で暮らす父の面倒をしばらく自宅でみることになり、その間はリモート出社で仕事をすることに。佐奈は、小鳥の私生活と教師になろうと思ったきっかけを知ります。
 

一方、ゲームアカデミアから「スタディーポニーキャンパス」の特許を無事に取り戻したドリポニ。早智(広末涼子)は、ゲームアカデミアの永瀬(松尾貴史)の企みは他にあるのではと忠告します。海斗の裏切りも永瀬が仕掛けた罠だったのではと気づいた佐奈たちは、真実を知るべく動き出します。
 

行きつけの居酒屋で海斗を見つけた佐奈たちは必死で頭を下げますが、海斗は拒否。ゲームアカデミアで働く現状が実は辛いのではないかという小鳥の言葉に、佐奈と須崎はゲームアカデミアまで出向いて海斗を連れ戻そうとします。社員をゲームの駒だと言い切る永瀬に対し、海斗は大事な仲間で人間だと憤慨する佐奈。その言葉は密かに聞いていた海斗の心に響きます。
 

ドリポニでの新たなエンジニア採用面接当日、最後に滑り込みで届いた履歴書は“ミン・ソヌ”からのものでした。その経歴で佐奈がハッとした瞬間、現れたのは海斗。学校に居場所がなくなり不登校だった時、スタディーポニーに出会って救われたことや、自分を人として接してくれるドリポニの仲間たちへの思いを語ります。海斗が戻り絆を深めたドリポニは、無事「スタディーポニーキャンパス」をローンチさせるのでした。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

戻ってきた海斗!その正体と過去に反響

社員を駒扱いする永瀬に対し啖呵を切った佐奈。脳みそを持たず海水にただ漂っているクラゲのようになりたい、という辛い状況にいる海斗に「クラゲじゃありません。たった1人の同期です」とメッセージを送った小鳥。海斗を1人の人間、大切な仲間として接するドリポニメンバーたちの思いが海斗に届きました。
 

海斗の過去と正体が明かされ、ドリポニメンバー全員が涙するシーンには感動の声が殺到。Twitterではただただ泣けた。海斗の『よろしくお願いします』で涙腺崩壊」「海斗くんがドリームポニーへの志望動機話してるシーンは涙腺やられた…。坂東龍汰くん、絶妙にぎこちない表情と話し方めちゃくちゃ上手い」「どうしようもなく泣ける。同期っていいよね」「海斗君、小鳥からおそろいのお守りもらった時の嬉しそうな顔がまた良かった」などのコメントが寄せられています。
 

「スタディーポニーキャンパス」のローンチの喜びもつかの間、早智からドリポニ買収を持ち掛けられた佐奈。一方、父・征一(利重剛)の会社が顧客情報流出トラブルに見舞われた須崎は、父の助けになりたいと動きます。新たな壁にぶつかった佐奈と須崎の決断が、ドリポニと自分たちの運命を大きく動かしていくことに――。物語も佳境に差し迫る中、恋模様の行方も気になるところ。第9話は8月30日放送です。
 

『ユニコーンに乗って』第9話 8月30日放送予告




【連載バックナンバー】
『ユニコーンに乗って』第7話 イケおじ西島秀俊の浴衣姿にキュン死続出?「恋しないわけない」「一生ときめく」の声
『ユニコーンに乗って』第6話 西島秀俊の言葉にネット号泣「神フォロー最高」「グッときた」
『ユニコーンに乗って』第5話 杉野遥亮ついに告白!? 永野芽郁の不意打ちハグで…「待て早すぎる!」「まさか結ばれない結末?」の声
『ユニコーンに乗って』第4話 永野芽郁を救うべく杉野遥亮&西島秀俊が全力疾走! 神シーンにネット興奮
『ユニコーンに乗って』第3話 永野芽郁×杉野遥亮のムズキュン交錯理由が判明「なるほど」「切ない」の声
『ユニコーンに乗って』第2話 “小鳥”西島秀俊の名言がグッとくる! 「むしろヒロイン」「いい働きぶり」の声
『ユニコーンに乗って』第1話 永野芽郁の恋の相手は杉野遥亮か西島秀俊か?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」