『ユニコーンに乗って』第4話 永野芽郁を救うべく杉野遥亮&西島秀俊が全力疾走! 神シーンにネット興奮

7月26日放送のドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ユニコーンに乗って』公式サイト)。

主演の永野芽郁さんをめぐり、仕事と恋と友情が交錯するドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)。7月26日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

第4話のおさらい

起業家と投資家をつなぐマッチングサイトで、投資家の高山(飯田基祐)と出会った佐奈(永野芽郁)。「ドリームポニー」の理念に共感し1億円の投資を前向きに検討したいという高山に、佐奈と功(杉野遥亮)は大喜び。小鳥(西島秀俊)のアシストもあり、順調に話は進んでいきます。

「スーツ姿や身だしなみを整えるのは相手への敬意でもある」という小鳥の言葉を聞いた功はスーツを購入し、絶縁状態にある父親と向き合うことを決めます。一方、小鳥は趣味のバードウォッチングをきっかけに知り合った羽田早智(広末涼子)の家に招かれていました。資金を集めるのに苦労したという早智は、女性CEOに下心をもって近づく投資家もいると話します。高山から2人きりの食事に誘われた佐奈と連絡がつかず、心配した小鳥は功と2人で佐奈のいる店へ急ぎます。

その頃、高山からもっと酒に付き合うよう執拗に絡まれていた佐奈。タクシーに引き込まれそうになった佐奈が高山にパンチを食らわせようとしたところ、駆け付けた小鳥が止めに入りました。震える拳をそっと握りしめ、明るく励ます功。佐奈に何もなくてよかったものの、「スタディーポニーキャンパス」の開発資金集めは振り出しに戻ります。功の父親が営む不動産会社にオーナーが変わって家賃が上がると、あと10カ月で資金ショートしてしまうと小鳥。

新たな手段として、プログラマーの海斗(坂東龍汰)が課金制の導入を言い出すと、次郎(前原滉)、恵実(青山テルマ)、功は賛同。それでは格差が生まれてしまい「誰もが平等に教育を受けられる」という理念に反してしまうと、佐奈と小鳥は反対します。「現実を見なきゃ」という功に、どれだけその理念が大切なのか、裕福な家庭で生まれ育った「功にはわからない」と佐奈は返し重たい空気に――。

小鳥は「これまでしてきたようにアイディアで乗り切りましょう」と佐奈を励まし、図書館に連れ出します。あくる日、アイディアを思いついたという小鳥はドリポニメンバーに対しピッチを行います。それは、ゲーム内に広告商品を取り込み、自然に訴求する方法“プロダクトプレースメント”を行うというもの。佐奈が考えていたのも同じアイディアでした。

一方、功は焼酎好きな父親に、小鳥に相談して買った酒を持って再び会いに行きます。父親に感謝を伝えつつ、起業したことで父の凄さも思い知ったと功。自分には苦労が必要だから、オフィスの家賃も値上げしたいならしてくれてかまわない、それでも絶対に諦めないと宣言します。翌朝、佐奈のもとに家賃の値上げはしないという連絡が入るのでした。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

佐奈×功×小鳥の神シーンに感動の声

佐奈と小鳥の信頼感がどんどん深まっていく姿を複雑な心境で見守る功。恵実のアイディアで、ドリポニメンバーたちが賞金1000万円のビジネスコンテストに応募しようと決起した第4話。

Twitterでは「ベタな展開だけどスピード感あってワクワクした。このドラマのキモは小鳥さんの癒し力」「佐奈のピンチ後、明るく寄り添う功がかっこよかった!全力で走る功にもキュン」「いつもさりげなく佐奈に寄り添う功の優しさに心が温かくなる」「親の思いや言ってたことに気づいた功。成長姿を見れた」「ヒロインの居場所をめがけた徒競走。高山にパンチできる佐奈の強さも、それを止められる小鳥の冷静さも、笑いにかえて励ませる功の優しさも好き。佐奈と功をそっと見守る西島秀俊がいじらしい!」などの声が上がっています。

ビジコンでの優勝を目指し社内が活気づく中、小鳥のデート相手が早智だったことが発覚。小鳥のことが気になってしまいモヤモヤする佐奈を、功は複雑な思いで見つめます。ドリポニに大きな課題や強敵が立ちはだかる中、チームワークを深める佐奈たちは優勝を勝ち取れるのでしょうか? 気になる第5話は8月2日放送です。
 

『ユニコーンに乗って』第5話 8月2日放送予告



【おすすめ記事】
『ユニコーンに乗って』第3話 永野芽郁×杉野遥亮のムズキュン交錯理由が判明「なるほど」「切ない」の声
『ユニコーンに乗って』第2話 “小鳥”西島秀俊の名言がグッとくる! 「むしろヒロイン」「いい働きぶり」の声
『ユニコーンに乗って』第1話 永野芽郁の恋の相手は杉野遥亮か西島秀俊か? “社内恋愛禁止”に「フラグすぎる」の声
「永野芽郁」出演の好きなドラマランキング! 3位『半分、青い。』、2位『3年A組』、1位は?
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴