「永野芽郁」出演の好きなドラマランキング! 3位『半分、青い。』、2位『3年A組』、1位は?

All About編集部は7月7~14日、全国422人を対象に「永野芽郁さん出演で好きなドラマ」に関するアンケート調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します。

『ユニコーンに乗って』(画像出典:公式サイト


7月スタートのドラマ『ユニコーンに乗って』でTBSドラマ初主演の永野芽郁さん。若くして起業し、CEOとなった主人公・成川佐奈を演じています。
 

All About編集部は7月7~14日、全国422人を対象に「永野芽郁さん出演で好きなドラマ」に関するアンケート調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します!
 

3位『半分、青い。』(2018年)

3位に選ばれたのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』。幼い頃、片耳を失聴した主人公・楡野鈴愛(永野芽郁)は、絵を描くことが大好き。明るい少女へと成長します。その鈴愛が、漫画家を目指し、上京します。夢に向かって進む鈴愛は、その後幾多の挫折や困難を経て、大発明を生み出すことに。生まれた時から特別な存在であり、共に成長していく幼なじみの萩尾律(佐藤健)との関係も見逃せません。
 

選んだ理由に「永野芽郁さんの擦れてなさがみれるから」「半分、青いで知った時は可愛いさに慄いた」「純粋な感じの演技と佐藤健との青春の爽やかさが良かった」などの回答が寄せられました。
 

2位『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(2019年)

2位には、菅田将暉さん主演のサスペンス・学園ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)がランクイン。卒業まで残り10日となった3年A組。しかし突如担任の柊一颯(菅田将暉)がクラス全員を人質に教室にたてこもることに。半年前、ある生徒が自殺した理由を答えるよう、『最後の授業』を行うことにした柊。その解答役に選ばれたのは、このドラマのヒロインであり、内向的な性格の学級委員・茅野さくら。永野芽郁さんが見事に演じています。

「3年A組をきっかけに好きになったから」「制服姿がとても可愛らしかったので」「完全にいい子っていうわけではないという役や演技がぴったりで、見ていて違和感なくしっくりきました」などの声が聞かれました。
 

1位『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(2021年)

1位は、戸田恵梨香さんとのW主演が話題となったドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)でした! ギリギリの精神状態で、ついに退職する決心をした新米警察官・川合麻依(永野芽郁)が、突如ペアを組むこととなったのは元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)。藤とペアを組むことで、警察官として徐々に成長することになった川合。凸凹ペアだった2人はいつしか最強ペアへと進化します。そして徐々に明かされる、藤が川合とペアを組んだ本当の理由とは……。
 

「警察官の役柄がとても可愛くて似合っていたから」「永野芽郁さんのちょっとお転婆ぽくて可愛らしい感じが出ている作品だったからです」「戸田恵梨香さんとのコンビがすごく合っていてムロツヨシさんとの会話が面白かったです。またジーンと感動する場面もあり勇気づけられました」などの理由が挙げられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
『ユニコーンに乗って』第3話 永野芽郁×杉野遥亮のムズキュン交錯理由が判明「なるほど」「切ない」の声
戸田恵梨香&永野芽郁、映画『母性』で母娘を演じる! 「ハコヅメペアまた見れるなんて」
永野芽郁&坂口健太郎、密着ツーショット公開で「だいすきめいたろう」「お2人美しすぎます」の声
「永野芽郁がはまり役だったと思うドラマ」ランキング! 3位『3年A組』、2位『半分、青い。』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化