『ユニコーンに乗って』第1話 永野芽郁の恋の相手は杉野遥亮か西島秀俊か? “社内恋愛禁止”に「フラグすぎる」の声

7月5日に放送されたドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ユニコーンに乗って』公式サイト)。

永野芽郁さんがTBSドラマ初主演を飾る『ユニコーンに乗って』(TBS系)が、7月5日から放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

第1話のおさらい

成川佐奈(永野芽郁)は教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」の若きCEO。5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに3年前に起業。母子家庭に育ち大学へ通えず、平等に学べる場所を作りたいという理念で企業した佐奈は、インタビューでも貧乏少女のサクセスストーリーを武器にしています。
 

10年以内にユニコーン企業となることを目標に奮闘中ですが、売上も技術も行き詰り、ベンチャーキャピタルの担当者から「このままではつぶれる」と釘を刺されてしまいます。そんな佐奈を心配するのは共同創設者の須崎功(杉野遥亮)。彼は現状を変えるため、即戦力となる人員補充を佐奈に提案します。早速ネットで求人募集をし、面接を開くことに。
 

佐奈と功、功の大学時代の同級生で創立からの仲間である栗木次郎(前原滉)が面接に臨むも、なかなかいい人材は見つからず。そんな中やってきたのは、元銀行マンで支店長経験のある48歳・小鳥智志(西島秀俊)と、過去に最年少で数学オリンピックに優勝したこともある天才エンジニアで現役大学生の森本海斗(坂東龍汰)でした。
 

30秒のピッチ(短いプレゼン)で高い技術力を披露した森本を採用することになるも、佐奈は「ITの力ですべての人が平等に学べる場所を作りたいという理念に強く共感し、ここにやってまいりました」という小鳥の言葉が気にかかります。
 

そんな折、羽田が新会社のCEOに就任し、起業家の育成に力を入れる方針で「ユニコーン創出プロジェクト」を進めると発表。選ばれた10社には1億の資金提供があると知り、佐奈も応募しますが、結果は書類落ち。佐奈は羽田を直撃し理由を問います。すると、エドテックが儲からない事業と言われていることと、佐奈には生い立ちのストーリー性以外に何もないからだと羽田。成長していないCEOの会社に未来はないと言い放ち立ち去ります。
 

辛辣な言葉に気落ちした佐奈は、図書館での大事な打合せに遅刻してしまい契約が白紙に。思わず涙がこぼれる中、偶然小鳥に出会います。ITやエドテックを一通り身につけたら、また御社にチャレンジしたいと笑顔を見せる小鳥。佐奈は思わず、本当はCEOとして何もできていないとこぼします。小鳥は佐奈の理念に共感し、それが新しい自分の夢になった、あなたがいたからだと語り、その言葉に佐奈は涙を流すのでした。
 

「この夢さえ持っていればいいんですかね?」と少し前向きになった佐奈は、新しい企画のアイディアを思いつきます。これまでと同じように功と次郎の力を借りて生まれたのは、誰もが無料で通えるバーチャルスクールという企画。佐奈は羽田に再び突撃し、アイディアを伝えます。すると羽田は、採算が取れず実現には程遠いが着眼点は面白いとコメント。実現にもっと近づいたらまた話しに来てと、佐奈に名刺を渡しました。
 

一番大事なのは理念を共有できること。同じ夢を持つ人と仕事をしたい。そう思い直した佐奈は、小鳥も採用することにします。こうしてドリームポニーには、小鳥と森本が新しいメンバーとしてジョインすることになったのでした。

 

ユニコーンに乗って
画像出典:TBS『ユニコーンに乗って』公式サイト

 

佐奈の恋は功と小鳥どっちへ向く?社内恋愛禁止に「フラグすぎる」の声

妹から恋愛について問われ、功とは「ビジネスパートナーでそれ以上でもそれ以下でもない」と答える佐奈。一方、功は「今はまだビジネスパートナー」と佐奈へ想いを寄せている様子も描かれました。しかしドリームポニーには「社内恋愛禁止」というルールも。仕事と恋がうずまく今後の展開に期待が湧いた初回でした。
 

Twitterでは「西島秀俊さん、誠実で優しい前向きな役がぴったり」「とにかくめいめいが可愛くて癒された。若くしてCEOを務めるフレッシュさや葛藤、等身大の姿がリアルで応援したくなってしまう。小鳥さんとの図書館のシーン感動してうるっときてしまった…。これから功くんとの関係にも期待」「杉野くんの芽郁を見る目が優しすぎて恋」「佐奈と小鳥さんがくっついたら、画期的なドラマになるんだけどな」「“社内恋愛禁止”フラグすぎんだろーもー、これからが楽しみ」などの声が上がっています。
 

また、「西島さんと坂東くん、また共演してる!」「あ、そっか、なんかメンツ的に見覚えがあると思ったら亀やん急便コンビかw」と、西島秀俊さんと坂東龍汰さんによる『真犯人フラグ』(日本テレビ系)以来の連ドラ共演にも注目が集まっています。
 

7月12日放送の第2話では、バーチャルスクール「スタディーポニーキャンパス」を作るという新たな目標に向かって走り出す一同。佐奈は資金獲得に奔走してんやわんやな中、アナログ人間の小鳥が小さなトラブルを連発し、ついイライラしてしまいます。一方、功は短期間でのユーザー獲得のため、元カノのインフルエンサー・凛花(石川恋)に協力を仰ぎ――。友情×恋×仕事が複雑に絡み合う展開に期待です。
 

『ユニコーンに乗って』第2話 7月12日放送予告



【おすすめ記事】
2022年夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?
『オールドルーキー』第1話 綾野剛の快進撃に期待! 「大魔神佐々木を拝めるとは」アスリートゲスト出演にも注目
『やんごとなき一族』最終話 爆笑&感動のラストでトレンド1位に「美保子さん最後まで面白い」「味方につくと話早いなw」
『ちむどんどん』第12週 恋愛パートに突入も非難の嵐「唐突すぎる」「ちっとも共感できない」
『マイファミリー』最終話 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴