『オールドルーキー』第1話 綾野剛の快進撃に期待! 「大魔神佐々木を拝めるとは」アスリートゲスト出演にも注目

6月26日に放送された日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『オールドルーキー』公式サイト)。

綾野剛さん主演、新日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)が6月26日から放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

第1話のおさらい

かつてサッカー日本代表として日本を勝利へ導いたヒーロー・新町亮太郎(綾野剛)。37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3のチーム「ジェンマ八王子」で現役を続けていました。しかし業績不振によりチームの解散が告げられ、移籍交渉をスポーツ選手のマネジメント会社「ビクトリー」に依頼するも移籍先は見つからず。ビクトリー社・社長の高柳(反町隆史)や社員の深沢塔子(芳根京子)から、現役引退という現実を受け入れるよう告げられます。
 

元アナウンサーの妻・果奈子(榮倉奈々)から貯金を切り崩して生活してきた事実を聞かされる亮太郎。マンションのローンも残っており、これから2人娘の学費もかかります。スポーツ選手には引退する時が来る、第2の人生が始まるだけと亮太郎を励ます果奈子。亮太郎は就職活動をしますが、サッカー以外の経験がなく世間知らずの彼は仕事が続かず。パパが自慢だった娘たちはサッカー選手でいてほしいと泣き、口をきいてくれなくなってしまいます。
 

そんな新町に、高柳は「うちで働いてみないか?」と声をかけ、2つ返事で働き始めた新町に深沢と組むよう指示しました。新町の初めてのミッションは、ドイツで活躍するサッカー選手・矢崎十志也(横浜流星)の日本滞在中のサポートを取り付けること。矢崎は新町の高校の後輩で、高柳はそれを見越して新町を担当につけたのです。
 

昔とはうって変わって我がままな態度をとる矢崎は、3カ月の滞在中に最高のトレーニングサポートとギャラ5000万円のCMを用意するよう求めます。CMの件で難航したビクトリーは契約を断られてしまいました。すると「オールドルーキーは役に立たん」と高柳はこぼし、新町にはビクトリーがマネジメントするアスリートが運営する焼肉店の助っ人に行くよう指示します。
 

新町はその焼肉店で、客として1人で訪れた矢崎と遭遇。2人は昔のように砕けた会話を交わし、新町は矢崎が抱える不安に気づきます。我がままは不安の裏返し――。矢崎のドイツでの出場試合をすべて見て分析した新町は、もう一度矢崎にプレゼンをさせてほしいと高柳に頭を下げ、深沢とともに再び矢崎の元へ。
 

サッカーが楽しい気持ちはとっくに忘れて、金とプライドだけのためにやっているという矢崎に、自分の価値は金でしか測れないなんてことはないと語る新町。彼の熱い思いにほだされた矢崎は、新町に憧れてサッカー選手になり彼を追い続けていたと吐露します。裏方に転じた姿は見たくなかったと矢崎。「優しすぎるからダメだったんじゃないの? でもいい仕事見つけましたね」と告げ、ビクトリーのサポートを受けることに。
 

「矢崎を起こすためのワンポイントリリーフだった新町にもう用はない」という高柳でしたが、新町に焼肉店の助っ人ではなくマネジメント業務をさせてみてはという深沢の提言を受け入れます。こうして新町の第2の人生が始まったのでした。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

どん底から這い上がる姿に期待の声「日曜夜にぴったり」「力もらえそう」

綾野剛さんがTBS日曜劇場で初主演を務め、『HERO』や『海猿』シリーズなど人物を丁寧に描き多くの感動を届けてきた福田靖さんが脚本を担当。サッカー監修には大久保嘉人さんが名を連ね、スポーツへのリスペクトが満載の作品になると期待が持てる本作。第1話では亮太郎の持ち前の優しさやポジティブさと、どん底から這い上がる最中の葛藤が色濃く描かれました。
 

Twitterでは早速トレンド入りし、「とにかく面白い。そしてやさしくあたたかい日曜日の夜にぴったりのドラマでした。家族や仲間を大切に想うことで自分自身がどんどん輝く。そんなドラマ」「明日頑張って仕事に行こうと思わせてくれてありがとう!オールドルーキー、新町亮太郎。暑い夏を乗り切る力になってくれそう」「予想以上に良かった」など、期待の声が続出しています。
 

また、「俳優陣豪華すぎる」「妻(榮倉奈々)とのかけあいもホンワカといい感じだし、社長の高柳(反町隆史)は文句なくカッコイイ。相棒の深沢(芳根京子)ともいいコンビになりそう。毎回アスリート役のゲストが登場するのも楽しみだ。期待したい」「毎週さわやかな 綾野剛が見られるのは幸せ。大久保さんは想定内だったけど、大魔神佐々木を拝めるとは思わず、うれしかった」など、豪華キャスト陣に加えアスリートのゲスト出演にも注目が集まっています。
 

亮太郎が次に任されるミッションは、9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得。全国大会で優勝したものの無名の小学生を青田買いしようとする高柳の戦略ですが、亮太郎はどんな手で立ち向かっていくのでしょうか。深沢塔子とのコンビやビクトリー社員たちとの掛け合いにも期待。気になる第2話は7月3日、15分拡大スペシャルで放送です。
 

『オールドルーキー』第2話 7月3日放送予告




【おすすめ記事】
『マイファミリー』最終話 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」
『真犯人フラグ』最終話! その考察、当たってた、当たってなかった、どっち⁉
『インビジブル』最終話 猿渡(桐谷健太)の変態ぶりに拍手喝采「演技力すごみ」「説得力ある」続編期待の声も
『元彼の遺言状』グダグダ感が新鮮な最終話 綾瀬&大泉の最強タッグに称賛「綾瀬さんのツンデレたまらん」
『じぞ恋』最終話 “持続可能な恋”とは? タイトル伏線回収&ラストにネット大絶賛「今期No.1」「マジで泣ける」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ