横浜ワールドポーターズが超エンタメモールへ! みなとみらい最大級フードコート&kawaiiスイーツも

「横浜ワールドポーターズ」が2024年7月11日にグランドリニューアルオープン! 「横浜ワールドポーターズは超エンタメモールへ」をリニューアルコンセプトとして、全体の約40%が刷新。

横浜ワールドポーターズは、2024年に開業25周年を迎え、全体の約40%を刷新する大規模リニューアルを実施。いよいよ7月11日にグランドリニューアルオープン! 進化したポイントを紹介します(画像はプレス内覧会にて撮影、一部提供)。

横浜ワールドポーターズについて

大規模リニューアルが完了した横浜ワールドポーターズ
大規模リニューアルが完了した横浜ワールドポーターズ(提供画像)

1999年、「いろんな世界がここにある」をコンセプトにみなとみらいの新港エリアにオープンした「横浜ワールドポーターズ」。1~6階、RFまで約160店舗(オフィス区画含む)が出店しています。

外観はブラウンやベージュを基調としたデザインに刷新
外観はブラウンやベージュを基調としたデザインに刷新

開業25周年となる2024年に「横浜ワールドポーターズは超エンタメモールへ」をリニューアルコンセプトとして、2024年4月に第1期リニューアルを実施し、39店舗が刷新。今回の第2期では、移転改装を含めて35店舗がリニューアルします。

進化1:約620席のフードコートが誕生

約500席を設けた「ワールドフードホール&ワンハンドグルメゾーン」
約500席を設けた「ワールドフードホール&ワンハンドグルメゾーン」

1階は「エンタメグルメゾーン」としてリニューアル。「ワールドフードホール&ワンハンドグルメゾーン」「エンタメスイーツゾーン」「レストランゾーン」「ハワイアンタウン」の4ゾーンが展開します。

「レストランゾーン」には「ピエトロ」など新規出店、リニューアル合わせて7店舗が並ぶ
「レストランゾーン」には「ピエトロ」などの新規出店、リニューアル合わせて7店舗が並ぶ

ワールドフードホール」はアメリカ西海岸をイメージしたフードコートで、台湾、韓国、シンガポールなどアジアの料理からステーキ、うどん、ラーメン、たこ焼きなどの日本のフードまで、世界の料理が味わえます。

本場の雰囲気が感じられる「台湾祭ストア」が神奈川県初出店
本場の雰囲気が感じられる「台湾祭ストア」が神奈川県初出店

また、手軽に楽しめる「ワンハンドグルメゾーン」も登場。人気のいちご飴やカレーパン、おにぎりの専門店をはじめ、ゴンチャ、サーティワンアイスクリームなどが並びます。

鎌倉・小町通りで人気のカレーパン専門店「ジラッファ」が出店。「ジラッファのカレーパン」(税込450円)
鎌倉・小町通りで人気のカレーパン専門店「ジラッファ」が出店。「ジラッファのカレーパン」(税込450円)

ワールドフードホール&ワンハンドグルメゾーン」では約500席を展開し、隣接する「ハワイアンタウン」の約120席と合わせて約620席に。みなとみらい最大級のフードコートに進化しました。

次ページ
スイーツゾーンは話題性バツグン
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ