横浜愛あふれる新商品続々! リニューアルした「ありあけハーバー」の本店が魅力的すぎる

横浜土産「ありあけハーバー」の旗艦店となる「ハーバーズムーン 本店」が2024年7月1日にリニューアル。プレミアム&焼き立てハーバーやカフェメニューが一新しました。

横浜土産の定番「ありあけハーバー」の旗艦店となる「ハーバーズムーン 本店」が2024年7月1日にリニューアルオープン。ハーバー誕生70周年を記念し、開国・開港をテーマに文明開化をコンセプトにしたインテリアやメニューに一新しました。横浜愛あふれるスイーツ、カフェメニューの数々を取材してきました(画像は内覧会で筆者撮影)。

ブルー×ホワイトが印象的「ハーバーズムーン 本店」

リニューアル後の「ハーバーズムーン 本店」
リニューアル後の「ハーバーズムーン 本店」

「ハーバー」誕生から70周年となる2024年。それを記念し、横浜・日本大通りにある、ありあけハーバーの旗艦店が「ハーバーズムーン 本店」として2024年7月1日にリニューアルオープンしました。

物販スペースには帆船の帆を模した飾りが
物販スペースには帆船の帆を模した飾りが

外装は、ホワイトとブルーの新しい「ハーバーズムーン」のロゴが印象的。物販スペースもホワイトとブルーを基調とした明るく爽やかな空間で、帆船の帆をイメージした飾りを施した内装となっています。

ギフトにおすすめ! ぜいたくな「ハーバー」発売

ハーバーズムーン 贅沢マロン(税込324円)
ハーバーズムーン 贅沢マロン(税込324円)

リニューアルにあわせて、数々の新商品が発売されています。その1つが「ハーバーズムーン 贅沢マロン」(税込324円)。

ハーバーの代表商品「ダブルマロン」の製法で仕上げたマロン風味のカステラ生地の中には、国産マロンペーストをブレンド(マロンペースト中66%使用)した渋皮栗入りの特製栗あんとマロンソースが入っています。マロンペーストの芳醇(ほうじゅん)な香りが広がる、ワンランク上のぜいたくな味わいです。

単品から詰め合わせまで各種用意されている
単品から詰め合わせまで各種用意されている

「ハーバーズムーン」のロゴがデザインされた箱に入っていて、ちょっとしたギフトにおすすめ。

赤レンガを模した「レッドブリック フィナンシェ」

レッドブリック フィナンシェ(税込270円)
レッドブリック フィナンシェ(税込270円)

フランス・ノルマンディー地方産の発酵バターをぜいたくに使用し、きめ細かい生地でしっとり焼き上げた「レッドブリック フィナンシェ」も新発売!

港町横浜のシンボリックな歴史的建造物「横浜赤レンガ倉庫」の煉瓦をイメージし、型から新たに開発したそうです。

テイクアウトやカフェで「ヤキタテ」も食べられる
テイクアウトやカフェでは絶品の「ヤキタテレッドブリック フィナンシェ」も食べられる!(1個税込270円)※テイクアウト価格

ひと口頬張ると、ほろりとほどける生地で、発酵バターの風味が口いっぱいに広がります。価格は1個税込270円。

次ページ
本店ならではの「ヤキタテハーバー」が登場
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴