横浜赤レンガ倉庫「リワーフ」オープン! 施設初、上質な大人のためのステーキ&シーフードレストラン

横浜赤レンガ倉庫 2号館3階に2024年7月1日、ステーキ&シーフードレストラン「Re:Wharf(リワーフ)」がオープン。横浜の夜景や音楽とともに、大人のぜいたくを楽しめる空間です。

横浜赤レンガ倉庫に2024年7月1日、ステーキ&シーフードレストラン「Re:Wharf(リワーフ)」がオープン。オープンに先駆けて、横浜の夜景や音楽とともに、大人のぜいたくを楽しめる空間とメニューが公開されたので紹介します(画像は内覧会にて筆者撮影、一部提供)。

施設初となる大人のためのステーキ&シーフードレストラン

横浜赤レンガ倉庫に新レストラン「Re:Wharf」がオープン
横浜赤レンガ倉庫に新レストラン「Re:Wharf」がオープン

Re:Wharf」を手がけるのは、カフェ「UNI COFFEE ROASTERY(ユニコーヒーロースタリー)」やレストラン「Re : Journal(リジャーナル)」を運営するGRACE(グレース)。横浜赤レンガ倉庫にこれまでなかった、大人のぜいたくを楽しめる、上質なステーキ&シーフードレストランの誕生です。

場所は、横浜赤レンガ倉庫 2号館3階(海側)で、ライブレストラン「モーション・ブルー・ヨコハマ」(2022年8月に閉店)の跡地。「Re」=再び、「Wharf」=ふ頭という意味で、「ご縁を結び、またここへ戻ってきてほしい」という思いが込められています。

さまざまなシーンで使える席を用意

星空をイメージした照明が輝くメインダイニング
星空をイメージした照明が輝くメインダイニング

席数は約150席。シーンに合わせて使い分けできる席が用意されています。星空をイメージした照明が輝くメインダイニングは、テーブル席とソファ席があり、ゆったりと過ごせます。

窓際は特等席。港の景色を眺めながら食事が楽しめる
窓際は特等席。港の景色を眺めながら食事が楽しめる
みなとみらいの夜景が広がるテラス席
みなとみらいの夜景が広がるテラス席
一番端の海側のテラス席はVIP席となっている
1番端の海側のテラス席は特別な席となっている
隣接するスペースにはバーカウンター席も。コースを楽しんだ後、デザートはこちらで、という使い方もOK
隣接するスペースにはバーカウンター席も。コースを楽しんだ後、デザートはこちらで、という使い方もOK
大切なシーンを密やかに過ごせる個室(2名~8名、完全紹介制)
大切なシーンを密やかに過ごせる個室(2名~8名、完全紹介制)
次ページ
看板メニューのステーキ&シーフード
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も