「背中も素敵」大政絢、美背中あらわなドレスショットに反響! 「何回見ても可愛すぎます」

俳優の大政絢さんは6月15日、自身のInstagramを更新。美しい背中があらわになったドレスショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:大政絢さん公式Instagramより)

俳優の大政絢さんは6月15日、自身のInstagramを更新。美しい背中があらわになったドレスショットを公開しました。

【実際の投稿:大政絢、美背中あらわなドレスショットを公開】

「絢ちゃん、素敵です」

大政さんは「MISS DIOR 先日、『ミス ディオール展覧会 ある女性の物語』に」とつづり、8枚の写真を投稿。東京・六本⽊ミュージアムで開催された『ミス ディオール展覧会 ある女性の物語』のオープニングパーティーを訪れた様子を公開しました。大政さんは背中が大胆に開いた色っぽいブラックのドレスを着用。後ろを振り向き、モデルポーズを決めています。ポニーテールにチュールリボンをあしらっており、セクシーさとキュートさがすてきです。

コメントでは「綺麗な背中です」「かわいい、、リボンめちゃくちゃ似合ってます」「美しい」「背中も素敵です」「きゃんわいいー」「ガーリーあやちゃんもかわいすぎる」「絢ちゃん、素敵です」「何回見ても可愛すぎます」と、称賛する声が相次ぎました。

表紙を務めた『Precious』も公開

自身のInstagramで仕事の報告やオフショットを投稿している大政さん。8日の投稿では、『Precious 7月号』(小学館)で表紙を飾った様子を紹介しています。今後も大政さんの投稿をぜひチェックしてみてくださいね!
 

 
Precious 2024年 07 月号 [雑誌]
Precious 2024年 07 月号 [雑誌]
次ページ
大政さんの美しい姿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない