K-POP史に残る最強のデビュー曲から全ては始まった。デビュー16年目、今なお愛される「SHINee」の魅力

2024年3月に開催された6年ぶりの東京ドーム公演が大盛況で、今なおファンを増やし続けるK-POPグループ「SHINee」。デビュー16年目、彼らの「色あせない魅力」についてゆるっとトークします。※サムネイル写真:AP/アフロ

K-POP史に残る最強のデビュー曲『Replay』から全ては始まった


ゆりこ:最近インタビュー取材で「これまでで一番好きなK-POPアーティストのデビュー曲は?」という質問を受けまして、0.1秒も迷わずSHINeeの『Replay』と答えました。この回答は、多分よっぽどのことがないと変わらないと思います。

矢野:僕ももちろん好きな1曲ですが、即座にそう答えた理由は何ですか?

ゆりこ:それまでのK-POPアイドル道からパックリと別の道ができた、完全に別のスタイルが誕生したと実感した曲だったからです。例えば、スマートフォンや電子マネーの登場、新型コロナウイルスの流行など……生きていると時々「時代が変わるな」と実感する瞬間に立ち会うことがありますよね。そんな感じでK-POPを聴き始めて最初にそのショックを味わいました。

矢野:K-POPは常に変化しているイメージがありますが、その中でも衝撃的だったということですね。

ゆりこ:SHINeeのコンセプトは「コンテンポラリーバンド」といわれていましたが、社内戦略としては「脱・SMスタイル」だったといわれています。

K-POPのパイオニア企業であり“K-POPアイドルとは”という基本フォーマットと、勝ちパターンを作りつつあったSMエンターテインメント(以下、SM)が、あえて自らのセオリーを破って勝負に打って出たのがSHINeeです。百聞は一見に如かずなので、ぜひ『Replay』を聴いていただきたいのですが、16年前の10代のティーンアイドルのデビュー曲としてはなかなか斬新だと思いませんか?
矢野:最近のK-POPグループのデビュー曲といえば爽快感のあふれるアップテンポな曲が多いので、初めて『Replay』を聴いたときはこれがまさかデビュー曲だとは思いもしませんでした。新人グループ特有のルーキー感はなく、むしろ“玄人感”が出ていて、なかなか攻めた楽曲だなと。

ゆりこ:中高生で構成された少年たちのデビュー曲として「よし、コレでいこう」と決めた当時のスタッフ、最高ですよね(笑)。守りに入らず、実現していただき感謝しかない。歌詞は年上のお姉さんへの切ない恋心を歌っていて、それ自体は「新人グループのデビュー曲らしい」と言えばそうかもしれませんが、どう考えても活動にも慣れ、そろそろイメージチェンジを図りたくなる4、5曲目で出す挑戦ソングですよ。
次ページ
「SHINeeイズム」は最近の若手K-POPグループにも影響か
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化