「中小事務所の奇跡」と注目が集まるなか事実上の解散…「FIFTY FIFTY」事務所紛争に見るK-POP界の課題

2023年を代表するK-POP曲を挙げるならFIFTY FIFTYの『Cupid』は間違いなく入るでしょう。アメリカでもヒットし注目が集まるなか、所属事務所との騒動が勃発し事態は急転。事務所とアイドルの契約問題にはまだ根深い課題がありそうです。※サムネイル写真:アフロ

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし!
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク
#29のテーマは「FIFTY FIFTY」について。2023年を代表するK-POP曲を挙げるならFIFTY FIFTYの『Cupid』は間違いなく入るでしょう。アメリカでもヒットし「ガールズ版BTSとなるか」と今後の活躍が期待されるなか、所属事務所とのトラブルが勃発し事態は急転。事務所とアイドルの契約問題にはまだ根深い課題がありそうです。

【前回の記事「BTS不在の2024年ボーイズグループ予想」(#28)はこちら

FIFTY FIFTYの大ブレイクに始まり、騒動に終わる2023年

※写真:アフロ
2023年を代表するK-POP曲を挙げるならFIFTY FIFTYの『Cupid』は間違いなく入るでしょう ※写真:アフロ
編集担当・矢野(以下、矢野):今年は、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(以下、SMエンタ)の買収騒動やBTSメンバー全員の入隊、新人グループのお披露目などたくさんの“変化”がありました。
 
K-POPゆりこ(以下、ゆりこ):そんな中、2023年にすい星のごとく現れた「FIFTY FIFTY」の件は触れておかないと今年を締めくくれないなと思っているんです。

矢野:FIFTY FIFTYといえば、今年2月に発売した1stシングル『Cupid』でいきなりアメリカ・ビルボードのメインシングルチャート「Hot 100」に13週連続でランクインした新人K-POPグループですよね。
ゆりこ:SMエンタやHYBEなど、いわゆる韓国の大手芸能事務所ではなく中小事務所からデビューしブレイクした彼女たちは、“中小事務所の奇跡”“ガールズ版BTSとなるか”と期待と注目が集まっていました。しかしそんな中、6月にメンバー全員が所属事務所に対して専属契約効力停止を求め、事態は急転。メンバーと事務所側、『Cupid』プロデューサーも巻き込み法廷での争いに発展しました。結果的にメンバーのうち3人(アラン、セナ、シオ)が専属契約の解除となり脱退、事実上の解散へ……。
 
矢野:先日も所属事務所が元メンバー3人やスタッフに対して130億ウォン(※約14億3000万)の損害賠償請求訴訟を進めているとの報道がありましたね。
 
ゆりこ:当事者しか分からない事情があるでしょうし、今後も動きをウォッチしていきたいところですが、企業が才能ある若者を潰すようなことはしてほしくないです。事務所側にはアーティストや外部スタッフとしっかりチームを組成して上手くマネジメントする責任があったのですから。個人的な感想ですが、事務所と残るメンバーの未来を考えても、約14億円の損害賠償請求は悪手だと思います。
 
矢野:アイドル活動、つまり仕事をするうえで年齢は関係ないのかもしれませんが、20歳前後の若い人が対峙(たいじ)するにはあまりにも大きすぎる金額と問題だと思ってしまいます。そして、事務所とアイドルの契約問題にはやはりまだ根深い課題があることを実感しました……。
次ページ
過去には「東方神起」の契約問題も勃発……
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」