ATEEZ、防弾少年団(BTS)も「中小ドル」 K-POPシーン大注目の“中小事務所発のアイドル”という存在

ここ最近、中小事務所発のアイドル「中小ドル」が大活躍しています。例えば、先日アメリカの大規模フェスへの出演が決まったATEEZや昨年『Queencard』が大ヒットした(G)I-DLEなど。現在のK-POPシーンを盛り上げる中小ドルの魅力とは? ※サムネイル写真:Mydaily/アフロ

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし!
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク
K-POPゆりことZ世代編集者がゆるっとトーク
#31のテーマはK-POPシーンを盛り上げる「中小事務所に所属するアイドル」について。HYBEやSMエンターテインメント(以下、SM)、JYPエンターテインメント(以下、JYP)など日本でも名の知れた大企業以外にも注目すべき事務所、グループは多数! 知るとさらに奥深く多様なK-POPの世界を楽しめるはず。

【前回の記事「変化するK-POP事務所とアイドルの関係性」(#30)はこちら

「中小ドルの奇跡」と言われるATEEZ

アメリカでも人気急上昇中の8人組ボーイズグループ「ATEEZ」 ※写真:Mydaily/アフロ
アメリカでも人気急上昇中の8人組ボーイズグループ「ATEEZ」 ※写真:Mydaily/アフロ

K-POPゆりこ(以下、ゆりこ):2024年のコーチェラ・フェスティバルの出演者が発表されましたね。韓国からはLE SSERAFIM、そしてATEEZ! アチズ(※ATEEZの愛称)は昨年2ndアルバムがアメリカのビルボード200で1位になったことを考えると納得なのですが、結構驚きました。

編集担当・矢野(以下、矢野):コーチェラといえば昨年BLACKPINKが出演した大規模フェスですよね。正直に告白しますと……ATEEZの名前はもちろん知っていますが、どんなグループなのかあまり知らなくて。ファンの皆さんごめんなさい!

ゆりこ:簡単にご説明しますと……ATEEZとは、

・8人組ボーイズグループ、通称アチズ
・2018年にデビュー、2019年には日本デビューも果たす
・2024年で7年目、全員再契約なるか!?
・中毒性の高い楽曲とダイナミックなコンセプトが持ち味
・2ndアルバム『THE WORLD EP.FIN : WILL』がアメリカのビルボード200で1位になるなどアメリカでも人気急上昇中!

さらに付け加えると、韓国の4大事務所(HYBE・SM・JYP・YGエンターテインメント(以下、YG))に所属していない韓国アーティストがアメリカのビルボードのメインチャートで1位を獲得するのは、彼らが初めてなのです!

矢野:ということは、結構小さい事務所から出てきたんですか?

ゆりこ:はい。KQエンターテインメント(以下、KQエンタ)という元々Block Bが所属していた事務所です。すでにKQエンタを出てしまっていますが、BOYNEXTDOORをプロデュース中のZICOさんも先輩に当たります。

矢野:なるほど、MVを見るとワイルドな雰囲気と力強いラップがBlock Bと共通する気がします。先日行われた来日公演では合計3万4000人を動員したそうで、日本での人気も拡大中なんですね!

ゆりこ:近頃のATEEZの成果はFIFTY FIFTYと同じく韓国では「中小ドル(チュンソドル)の奇跡」って言われているんです。

矢野:チュンソドル!? それって何ですか……?

次ページ
かつてはネガティブな使われ方も……チュンソドルとは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは