賛否両論の『【推しの子】』実写化。原作ファンを納得させられるか、“成功の鍵”を握るのは誰だ?

漫画、アニメで大ヒットを記録している【推しの子】が、実写ドラマと映画を製作すると発表しました。今回は、すでに発表された出演者の情報をメインとして、実写化がヒットするのか可能性を解説します。(サムネイル画像出典:東映公式Webサイトより)

豪華キャスト&製作陣に期待! “潤沢な予算”をどう生かす?

まず、今回の媒体が、Prime Videoと映画という点がポイントです。配信ドラマや映画はテレビドラマよりも規制が少なく、過去の例を見ても1つの作品にかけられる予算が桁違いに高い傾向にあります。

『【推しの子】』は製作費がかかるような派手なアクションシーンなどがないことを考えても、これだけの話題作なので、予算は配信ドラマも映画も間違いなく潤沢に組まれるでしょう。

その予算を使えば、現在発表されているキャスト以外の、出演者を豪華にすることが可能。脇をしっかりと固めきちんとした演技を見せることで、作品はグッと完成度が高まります。

また、制作費が高いということは、監督や脚本をふくめ一流のスタッフをそろえられます。漫画とアニメで大成功した『【推しの子】』を実写化するには、現時点では今回のPrime Videoと映画という共同プロジェクトがベストなことは間違いなし。

ファンは思うところがあるでしょうが、アニメにはなかった化学反応が起きる可能性がかなり高くなっています。

話題の俳優が勢ぞろい! 原作ファンも納得させられるか?

俳優陣に関しては、演技派から元アイドルまでかなり面白いラインアップになっています。

主演の櫻井海音さんは、メディアでは積極的に公表されていませんが、Mr.Childrenの桜井和寿さんの息子として有名。現在は俳優業をメインとして、2023年には『アオハライド』(WOWOW)、『君に届け』(Netflix)、『VIVANT』(TBS系)などに出演しました。
  そんな櫻井さんの魅力が詰まっていたのが、2023年10月期に出演したドラマ『泥濘の食卓』(テレビ朝日系)での演技です。父親の不倫相手に恋をして、幼なじみにはストーカー行為を繰り返される高校生・那須川ハルキを担当。複雑な環境におかれる高校生役で、心身ともに追い込まれて精神を破壊されていくさまを繊細に表現しました。

今回も複雑なキャラクターを演じることになります。原作ではアイのファンで極秘出産したときの担当医の雨宮吾郎であり、アイの息子・アクアとして転生する役。前世の記憶を有していることから、さまざまな奇跡を起こす人物です。作品では、アイの死の真相を暴くため、芸能界に潜り込み策略を繰り広げます。これまでの作品で櫻井さんが見せた繊細な演技や、役になりきれる実力を発揮してくれることを期待します。

【こちらも読む→ミスチル桜井和寿の息子・櫻井海音に2024年は大注目

また、アクアの双子の妹で、亡き母のようなアイドルを夢見るルビーを演じる齊藤なぎささんも、演技が面白いと評判です。
  2022年4月期に出演した『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS)で演じたゆあは、歌舞伎町でホストクラブにハマる女性の役。アイドルグループ・=LOVEで活躍していた齊藤さんにとっては似つかない役となり、メンヘラ全開の怪演技が大反響を呼びました。等身大の女性に憑依することに長けており、アイドルの経験を持つことからルビー役でも実写ならではの魅力を発揮してくれそうです。

今回の実写化でもっとも注目を集めているのが、伝説のアイドル・アイを演じる齋藤飛鳥さんです。アイは、アイドルグループ・B小町の不動のセンターで天性の輝きを持つトップアイドル。乃木坂46在籍時は、グループでセンター経験もあり中心メンバーとして活躍した齋藤さんにはピッタリの役と言えます。
  ただ、アイは原作やアニメのファンも多く、良くも悪くも演技がシビアにジャッジされる役。今回も、SNSで齋藤さんの抜てきに賛否両論が起きている状況です。

齋藤さんの経歴は申し分なく、アイドルを引退した今もトップクラスのビジュアルを誇っていますが、不幸なカリスマアイドルをどう見せるか、繊細な演技が求められます。とはいえ、芸能界やアイドル業界の裏側も描かれる『【推しの子】』に、国民的人気アイドルだった齋藤さんが参加するだけでも奇跡。演技を含め、どんな脚本でアイを描くのか、化学反応の中心に齋藤さんがいるのは間違いありません。
次ページ
元テレビ局スタッフは「有馬かな」役俳優に注目!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても