年始から波乱続き……2024年の芸能界はどうなる? ブレーク必至の俳優・アイドル・芸人を徹底解剖!

2024年に大ブレークが予想されるタレントについて、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今年大活躍しそうなタレントを一挙公開していきます。(サムネイル画像出典:『マルス-ゼロの革命-』公式Instagramより)

芸能界においては、激動の1年となった2023年。旧ジャニーズ事務所の性加害問題がクローズアップされ、年末までさまざまなスキャンダルが報じられ続けました。そんな芸能界ですが明るいニュースもあり、2024年に向けてロケットスタートを切ろうとしているタレントたちも多くいます。

この記事では、元テレビ局スタッフの筆者が、2024年の大ブレークが予想されるタレントを「アイドル・芸人・俳優」に分けてジャンル別で紹介します。

ドラマで新境地を見せられるか? なにわ男子・道枝駿佑に注目

まず、ドラマ・映画で活躍する俳優として注目するのは道枝駿佑さんです。アイドルグループ・なにわ男子のメンバーである道枝さんは、1月23日から放送がスタートする『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系)で主演を担当。道枝さんはこのドラマで、ゴールデン帯連続ドラマ初主演を飾り、さらに人生初の金髪で演技をするなど新境地を開拓します。
  これまでドラマや映画では、等身大のイケメンキャラを演じることが多かった道枝さん。今作では、ギラギラでアウトローな雰囲気を醸し出す主人公・美島零(ゼロ)を演じます。ドラマは、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)を作り出した武藤将吾さんが脚本を務める完全オリジナル作品です。

ストーリーは、謎の多い転校生である零(ゼロ)が、カリスマ的なリーダーシップをみせて大人社会に反旗を翻していく新感覚青春ドラマとなります。すでに公開されている予告映像でも、これまで見たことがないミステリアスな道枝さんの姿が確認でき、壮絶なバトルシーンなども用意されていると言われています。

また、昨今のドラマの主流でもある、巧妙な伏線が張り巡らされるストーリーのようで、考察がSNSで盛り上がりそうな予感。2024年の冬ドラマでも、注目の作品となっています。

2023年も『マイ・セカンド・アオハル』出演など大活躍

道枝さんといえば、2023年は『マイ・セカンド・アオハル』(TBS系)、『24時間テレビ』(日本テレビ系)内のドラマ『虹色のチョーク 知的障がい者と歩んだ町工場のキセキ』に出演。これらのドラマで表現力豊かなことが証明され、コメディーやラブストーリー作品で心を捉える演技ができることを証明しました。
  『マルス-ゼロの革命-』で演じることになるダークヒーロー・零(ゼロ)は、これまでになかったシリアスな役どころ。見事に演じきれば、木村拓哉さんや二宮和也さんのような国民的人気俳優への階段を昇ることになるでしょう。

ミスチル桜井和寿の息子・櫻井海音にも大注目

また、若手俳優としては櫻井海音さんに注目。Mr.Childrenの桜井和寿さんの息子として知られる海音さんですが、2023年は俳優として『アオハライド』(WOWOW)、『君に届け』(Netflix)、『VIVANT』(TBS系)などに出演。さらに、話題を集めたドラマ『泥濘の食卓』(テレビ朝日系)では、父親の不倫相手に恋をして、幼なじみにはストーカー行為を繰り返される高校生・那須川ハルキを演じました。
  心身ともに周囲の人から追い込まれる役を、海音さんは体当たりで見事に表現。表情やちょっとした行動など繊細な演技も見事で、2024年大ブレークが期待されています。
次ページ
レコ大で爪痕を残したあのアイドルに注目
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】