年始から波乱続き……2024年の芸能界はどうなる? ブレーク必至の俳優・アイドル・芸人を徹底解剖!

2024年に大ブレークが予想されるタレントについて、元テレビ局スタッフの筆者が解説。今年大活躍しそうなタレントを一挙公開していきます。(サムネイル画像出典:『マルス-ゼロの革命-』公式Instagramより)

令和ロマンの大ブレークは、ツッコミ・松井ケムリがキーマン

『M-1グランプリ2023』(テレビ朝日系)で見事に優勝し、2024年の大ブレークが期待されるお笑いコンビ・令和ロマン。これまでの流れを見ても、M-1王者が翌年に各テレビ番組に呼ばれることは間違いなく、実際に令和ロマンもさまざまなバラエティ番組で見かけるようになっています。
 
【こちらも読む→大注目「令和ロマン」の魅力をどこよりも早く徹底解説
 
まず、令和ロマンの魅力から整理しましょう。圧倒的な知識量で繰り広げる高比良くるまさん(※高は「はしごだか」)のボケが特徴的で、松井ケムリさんがうまく情報を整理しながらツッコミ続けていきます。このバランスが秀逸で、時には暴走するくるまさんをケムリさんがうまく制御。また、少し分かりづらいボケなどをしたときは、ツッコミつつ補足してスムーズに話が進むように調整しています。

漫才では絶対的な面白さを見せた令和ロマンが、今後さまざまなテレビ番組でブレークするには、このケムリさんのバランサーとしての能力が必須でしょう。現に、2人のトークが堪能できるラジオやYouTubeでは、ケムリさんがくるまさんのボケをうまく転がしてトークを展開。この構図がテレビ番組でもしっかり生かされれば、令和ロマンが大ブレークすることは間違いないでしょう。

愛嬌がないくるま&熊のような? ケムリの相性が抜群!?

また、くるまさんはお笑いに関して的確な分析をしすぎるあまり、世間に受け入れられにくい場面もでてくると思います。例を挙げれば、コンビの地上波初冠番組『令和ロマンの娯楽がたり』(テレビ朝日系)にゲスト出演したお笑い芸人の永野さんが、正論を羅列するくるまさんに「愛嬌(あいきょう)が一個もないんですよ」と指摘。もちろん、イジりの範疇(はんちゅう)での発言でしたが、マシンガントークも相まって、めんどうな論客のような扱いになる場面が今後は多くなると思います。
 
そんなときに、見た目にも熊さんのようでかわいげがあるケムリさんが中和剤となり、コンビとしてうまくバランスを取ってくれることでしょう。令和ロマンが番組に出演した際は、ぜひケムリさんに注目してもらいたいところです。

ここまで、俳優、アイドル、芸人について2024年大ブレークしそうなタレントたちを紹介しました。1月8日には、ダウンタウンの松本人志さんが一部週刊誌の報道を受けて芸能活動を休止すると発表。2024年も波乱が巻き起こりそうな芸能界で、紹介した俳優、アイドル、芸人たちが活躍できるのか見守りたいと思います。
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない