M-1グランプリ決勝を機に“ブレーク必須”!? 大注目「令和ロマン」の魅力をどこよりも早く徹底解説

2023年12月24日に放送が迫っている、『M-1グランプリ2023』の決勝。今年の漫才ナンバーワンのコンビが決定しますが、この記事では出場する「令和ロマン」について魅力を解説します。(サムネイル画像出典:『M-1グランプリ』公式Xより)

令和ロマン
令和ロマンの魅力を解説(画像出典:『M-1グランプリ』公式Webサイトより)
決勝進出者や審査員の発表があり、残すは敗者復活戦で勝ち上がるコンビを待つだけになった『M-1グランプリ2023』(ABC/テレビ朝日系)。現時点で決勝に残ったのは、ダンビラムーチョ、カベポスター、くらげ、マユリカ、モグライダー、令和ロマン、さや香、真空ジェシカ、ヤーレンズとなっています。 個性豊かなコンビが勢ぞろいしましたが、中でもこの記事で注目するのは「令和ロマン」です。今回は、元テレビ局スタッフの筆者が、『M-1グランプリ2023』で大躍進を遂げそうな令和ロマンの魅力を紹介したいと思います。

【こちらも読む→M-1グランプリ2023、決勝初進出は9組中5組

“慶應出身”の頭脳で分析し尽くした「ハイセンス漫才コンビ」

まず、令和ロマンのプロフィールを紹介します。「高比良くるま(※高ははしごだか)」さん、「松井ケムリ」さんからなり、大学在学時の2015年に結成。慶應義塾大学のお笑いサークル出身で、東京NSCでは23期生となります。元々は「魔人無骨」というコンビ名で活動し、2019年4月1日から「令和ロマン」へと改名しています。 既に輝かしい経歴を誇っており、「NSC大ライブTOKYO 2018」で優勝したことでNSC東京校の首席を獲得。劇場でも早くから活躍を続け、『M-1グランプリ2018』(同)では、魔人無骨としてGYAO!ワイルドカード枠で準決勝に駒を進めて話題を集めました。

さらに快進撃は続き、2020年に芸歴3年目で「NHK新人お笑い大賞」で優勝。「ABCお笑いグランプリ」では、2022年、2023年で準優勝となり、賞レースにおいて圧倒的な強さを見せています。 漫才の特徴は、くるまさんが独特なワードセンスでボケまくり、ケムリさんが的確なツッコミをこれでもかと浴びせ続けるスタイル。2人とも言葉選びのセンスが良く、漫才の中ではケムリさんが設定を説明しながらボケを繰り広げる場合も。ネタの素材は時事ネタから誰もが知るキャラクターなど多種多様で、「恋愛リアリティーショー」や「back number」など独特なものも披露しています。

また、くるまさんはM-1を中心とする賞レースの分析も徹底的に行い、ネタの傾向から会場の特性まで考えながら漫才を行っていることをインタビューで明かしています。慶應義塾大学に入学した頭脳をフル活用し、計算されたネタと研究によって『M-1グランプリ2023』でも万全の漫才を披露することでしょう。

並み居る強豪がいる中でも、令和ロマンを優勝候補に上げる理由が、この真摯(しんし)すぎる漫才への情熱にあります。

芸人にとって「M-1決勝」は“ブレークへの登竜門”?

さて、『M-1グランプリ2023』で大躍進が期待される令和ロマンですが、順位に限らず番組出演でかなりのブレークが予想されます。数ある賞レースの中でも知名度が最も高く、これまで優勝したコンビはほとんどがテレビや劇場で大ブレークしています。

また、過去には優勝コンビ以外にも、『M-1グランプリ』の決勝進出でチャンスをつかみ、ブレークした芸人は多数存在。2004年準優勝の南海キャンディーズ、敗者復活から大番狂わせを演じたオードリー、その他にも2017年〜2019年のファイナリストで2019年に準優勝したかまいたちなど多くの芸人がブレークしています。最近でも、2021年の準優勝コンビで、ファイナリスト常連のオズワルドが、各バラエティ番組で大活躍です。 注目度が高い賞レースで、多くのテレビ局のプロデュサーやスタッフが見ている番組だけあり、決勝に進出しただけで年末年始のテレビ出演は激増。そこで結果が出せれば、たとえ優勝には届かなくても一躍ブレークの可能性が。夢がある『M-1グランプリ』で、令和ロマンはチャンスさえつかめば、大人気になる可能性を秘めています。
次ページ
父親が「某証券会社の幹部」!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】