『どうする家康』衝撃の最終回 徳川家臣団の再登場に感涙…ラストシーンに「いい終わり方だった」の声

12月17日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』最終話のストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられた反響を振り返ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』がいよいよ最終回を迎え、スペシャルゲストの登場にも驚きの声が上がりました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられたコメントとともに反響を振り返ります。
 

前回(第47話)のあらすじはコチラ

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

最終話のあらすじ

豊臣との決戦に踏み切り、乱世を終える覚悟で自ら前線に立つ家康(松本潤)。その首をめがけ真田信繁(日向亘)らは攻め込むも、家康を討ち取ることはできず。茶々(北川景子)、秀頼(作間龍斗)を慕う千姫(原菜乃華)は家康の下に戻されると、2人の助命を懇願。しかし、家康そして秀忠(森崎ウィン)は2人に死を申し付けるという非情な決断を下しました。

「鬼じゃ!」と泣きわめく千姫に初(鈴木杏)は、これは茶々と秀頼が選んだ道でもあると諭します。燃え盛る大阪城内で、秀頼、茶々は家臣らとともに自害。大阪城は燃え落ち、長い乱世がとうとう終わりを告げるのでした。

その翌年、戦なき太平の世を成し遂げた家康の偉業を称え、その伝承本の監修に精を出す僧・南光坊天界(小栗旬)。福(のちの春日局/寺島しのぶ)は、竹千代(のちの三代将軍・家光)に“神の君”の逸話を語ります。そんな中、病床に伏す家康。“神の君”かあるいは“狡猾(こうかつ)で恐ろしい狸”、いずれにせよ人に恐れられる人であらざる者になってしまった家康には誰も寄り付かず、阿茶(松本若菜)だけが看病をする状況に。家康の孤独を知り、幸せだったのかと慮る阿茶。

病床で手慰みに木彫りをする家康に、「殿、殿」と呼びかける声が――。家康が振り返ると、そこには瀬名(有村架純)、信康(細田佳央太)の姿がありました。そして、在りし心穏やかな日の記憶に誘われる家康は、先に世を去った徳川家臣団らとの絆に感謝し、彼らとともに生きた自身は幸せ者だとしみじみ落涙。穏やかな表情を浮かべ、その生涯を閉じるのでした。

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

徳川家臣団が勢ぞろいで再登場!感慨深いラストシーン

炎の中、血まみれで激動の最期を迎えた茶々の叫びは、「正々堂々と戦うこともせず万事長きものに巻かれ、人目ばかり気にし、陰でのみ嫉み、嘲る」「やさしくて、卑屈なかよわき者の」「つまらぬ国になるであろう」というもの。X(旧Twitter)では、「それって現代日本そのもの」「茶々様の言葉を通して、視聴者に対して『どうする』を投げかけられたよう」「茶々様の最期、ものすごい信長味ある」などのコメントが続出し話題に。

また、瀬名や徳川家臣団が再登場し、皆で“えびすくい”を踊りエンドロールが流れるラストシーンは、“白兎”の家康と“神の君”と恐れられる家康の対比が印象的。本作で1年に渡り描かれた家康の生涯とその人となり、心中に思いをはせるひと時となりました。

Xでは「小栗旬さんの登場もサプライズだったけど…それを上回るサプライズと感動が待っていようとは」「家臣団や瀬名に囲まれて幸せそうな殿を最後に観れて良かった」「最後の最後に家康の原風景が描かれるとは思わなかったから驚いたけど、なんかいい終わり方だったな」「殿も家臣団もよく泣いてたけど、同じように泣きました」などの声が寄せられています。

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第47話
第46話
第45話
第44話
第43話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」