『どうする家康』第47話 次週最終回! 乱世のバケモノと化した秀頼vs家康、最後の戦いへ

12月10日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第47話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』もいよいよ佳境。12月10日に放送された第47話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第46話)のあらすじはコチラ

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

第47話のあらすじ

家康(松本潤)の大筒による攻撃で大阪城は崩壊。茶々(北川景子)の妹・初(鈴木杏)と阿茶(松本若菜)が話し合い、秀頼(作間龍斗)が大阪にとどまる代わりに城の堀を埋めることで和議が成立します。しかし戦を望む者たちは大阪城に集まり続け、京で牢人たちが火を放ち多くの犠牲者を出す事件が発生。

豊臣を滅ぼさない限り平穏は訪れないと考えた家康は、牢人を召し放つよう最後通告を突きつけます。一方で寧々(和久井映見)は茶々に退くよう説得を続けていたものの、茶々は自分の野心ではなく世のため人のためだと言い返す始末。親の仇に嫁ぎ嬉々として喜ばせてきた茶々の心の内は理解も及ばないと寧々。分かるとしたら妹の初、江(マイコ)か家康かと語ります。

初と江は、かつて姉・茶々には憧れの君がいたと語り出します。母・お市(北川景子)から聞いた「信じる者を決して裏切らず、わが身を顧みずに人を助け世に尽くす」男――つまり家康に憧れ、そんな人なら天下人にふさわしいに違いないと、憧れをふくらませた幻のような存在になったと。お市が死んだとき、その憧れは深い憎しみに転じたのでした。

家康は茶々に文を送り、「乱世を生きるは我々の代で充分。終わらせよう」と訴えます。自分の命はいずれ尽きるが、秀頼の命を残すのが母の務め。かつてのお市がそうしたように。――その言葉を受けて茶々は秀頼にどうするのか決断を託します。すると秀頼は、家臣らに向けて「信じる者を決して裏切らず、わが身を顧みずに人を助け世に尽くす。それが真の秀頼である」と語り出し、「戦場でこの命を燃やし尽くしたい。皆を決して見捨てず、正々堂々と戦い徳川を倒す」と宣言するのでした。

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

乱世のバケモノと化した秀頼に戦慄!

織田と豊臣の血を引く秀頼は、家康の要素をも持ち合わせた人物に成長。第47話のサブタイトル「乱世の亡霊」が表すのは、信長、秀吉、家康の3武将、そして彼らを宿した秀頼自身のことだったのでしょうか。

X(旧Twitter)では、「あらぁ…乱世の最終形態かぁ、秀頼ぃ」「秀頼、まさしく乱世の亡霊。プリンスって感じで描かれることが多いのに、『どうする家康』の秀頼は戦国のバケモンじゃん…」「秀頼の本当の心ってあるのだろうか? 出てきた決意の言葉は茶々が言ってた言葉…その世界しか知らなかったのではないか」「家康からの手紙で乙女っぽい雰囲気だった淀君が、秀頼の決意表明で鬼に豹変した北川景子さんの演技に見惚れてしまった」などのコメントが寄せられています。

次週は最終回「神の君へ」。豊臣との決戦に踏み切り、乱世を終える覚悟で自ら前線に立つ家康。その首をめがけ真田信繁(日向亘)らが攻め込むも戦況は徳川優勢。そんな中、千姫(原菜乃華)は茶々と秀頼の助命を訴えるが、家康が下した決断は非情なもので――。乱世を終わらせた家康がどのような最期を迎えるのか、大団円の最終回に期待です。

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第46話
第45話
第44話
第43話
第42話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始