『どうする家康』でハマり役だと思う俳優ランキング! 3位「山田孝之」、2位「松本潤」、1位は?

NHK大河ドラマ『どうする家康』には、個性豊かな俳優が多く出演しています。今回はAll About編集部が実施した独自のアンケート調査から、『どうする家康』出演でハマり役だと思う俳優ランキングを紹介します。

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の452人を対象にNHK大河ドラマ『どうする家康』に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「ハマり役だと思う俳優」ランキングを紹介します。
 

>13位までの全ランキング結果を見る
 

3位:山田孝之(服部半蔵役)

3位にランクインしたのは、服部半蔵役を演じている山田孝之さんです。映画やドラマで、印象的な役を演じ続けている山田さん。今回の半蔵役でも、個性的な演技を披露しています。半蔵は歴史上の人物として有名でありながら、その実態が謎に包まれています。
 

『どうする家康』(NHK)では、先祖が忍びの郷・伊賀出身なので「忍者」とよく間違えられ、自分にプライドが感じられず人付き合いが苦手なキャラクターです。山田さんは、どこかはっきりしない半蔵を丁寧に演じ、新しい服部半蔵のイメージを作り出しています。
 

回答理由としては、「あそこまで髭面で忍び役が似合うとは思っていなかったからです」(40代男性/神奈川県)、「割とまじめなシーンでも、面白い雰囲気を醸し出してくれるので」(30代女性/東京都)、「半蔵は、実はできる男そうで間が抜けていたんじゃないかって思われるところが見事に演じられています」(50代男性/大分県)などの声が聞かれました。
 

2位:松本潤(徳川家康役)

2位にランクインしたのは、徳川家康を演じている松本潤さんでした。知名度抜群で、日本人なら誰もが知っているであろう武将の家康。今回、松本さんが演じるのは、どこか頼りない家康となっています。これまでのしたたかで「タヌキおやじ」と呼ばれた家康像ではなく、家族や家臣を守るために常に苦悩し泥臭く戦い続ける姿を見せています。
 

松本さんは、どこか自信がない家康役がぴったりとマッチ。「か弱きプリンス」と呼ばれ、成長していく姿を繊細に演じています。
 

回答理由としては、「若い頃の家康の不運な生き方の演技がうまい」(30代女性/千葉県)、「思ってたよりも良いハマり方だった」(20代男性/大阪府)、「もはや家康にしか見えないので」(40代男性/東京都)などの声が聞かれました。
 

1位:岡田准一(織田信長役)

1位に輝いたのは、織田信長を演じている岡田准一さんでした。家康と並び有名な武将の信長は、これまで多くの俳優が演じてきました。岡田さんは、圧倒的な威圧感をもち、家康を悩ませ続ける信長を演じています。アクションスターとしても活躍しているので、殺陣などもキレのある動きを披露。
 

岡田さんが演じる信長は、眼力の強さと「待ってろよ、竹千代。俺の白兎」など独特なセリフで人気が高いようです。家康とのやりとりの中で、厳しさの中に愛を感じさせる描写もありドラマでは最も重要な役として君臨しています。
 

回答理由としては、「時代劇ドラマにあっている人です。織田信長の役を演じると決まったときからハマリ役であると思いました」(60代女性/静岡県)、「役にあった雰囲気が出ている。圧倒的なカリスマ性を感じさせる」(20代女性/島根県)、「怖さや威厳がよく出ていてとても似合うと思うからです」(50代女性/徳島県)などの声が聞かれました。


>13位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『どうする家康』で演技がうまいと思う俳優ランキング! 2位「岡田准一」、1位は?
『どうする家康』出演の好きな女性俳優ランキング! 3位「松嶋菜々子」、2位「北川景子」、1位は?
『どうする家康』出演の好きな男性俳優ランキング! 3位「松山ケンイチ」、2位「山田裕貴」、1位はやはり……?
『どうする家康』で好きな登場人物ランキング! 2位「本多忠勝(山田裕貴)」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応