『どうする家康』で演技がうまいと思う俳優ランキング! 2位「岡田准一」、1位は?

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の452人を対象に『どうする家康』に関するアンケート調査を実施。『どうする家康』で演技がうまいと思う俳優ランキングの1位に選ばれたのは?

NHK大河ドラマ『どうする家康』は、主人公の徳川家康を演じている松本潤さんをはじめ、多くの人気有名俳優がキャスティングされ、素晴らしい演技を披露しています。今回はAll About編集部が実施した独自のアンケート調査から、『どうする家康』で演技がうまいと思う俳優ランキングを紹介します。
 

>14位までの全ランキング結果を見る
 

3位:山田孝之(服部半蔵役)

3位にランクインしたのは、山田孝之さんです。山田さんはミステリアスな存在の服部半蔵を担当。先祖が忍びの郷・伊賀出身で「忍者」と間違えられることから、自分にプライドが持てず人付き合いが苦手なキャラとして描かれています。
 

映画やドラマでは、クセの強い役を演じ続ける山田さん。今回の半蔵役も、コミカルな演技を織り交ぜながら魅力的に演じています。身分が謎に包まれている半蔵を、山田さんは高い演技力で表現。人気のある登場人物となり、ドラマに彩りを与えています。
 

回答理由としては、「どの出演作でも雰囲気を変えてうまく演じている印象があります」(40代男性/鳥取県)、「目の動きで気持ちを表現していてすごいです」(50代女性/千葉県)、「引き込まれる演技をしている」(20代女性/北海道)などの声が聞かれました。
 

2位:岡田准一(織田信長役)

2位は、岡田准一さんです。岡田さんは、家康と並んで人気が高い武将の織田信長を演じています。眼力も強く、不気味なほほ笑みが印象的な岡田さん演じる信長。常に家康の前に立ちはだかり、独特なセリフなども注目を集めています。
 

岡田さんは抜群の演技力がありながら、さらにアクションでも軽快な身のこなしを披露。殺陣などでキレのある動きを見せ、アクションスターとしての実力も発揮しています。これまで多くの名優たちが信長役を演じてきましたが、恐ろしさとやさしさをあわせ持った不思議な雰囲気を見事に表現しています。
 

回答理由としては、「家康を越える、まるで主人公のような圧倒的存在感」(30代女性/兵庫県)、「信長の不気味さが良く表現できている」(20代男性/東京都)、「信長の強さ、恐ろしさやさしさ、色気が存在するだけで伝わってきます」(40代女性/東京都)などの声が聞かれました。
 

1位:松山ケンイチ(本多正信役)

多くの名優たちを抑えて1位を獲得したのは、松山ケンイチさんでした。2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』では、主人公の平清盛を担当している松山さん。今回は、どこか信頼がおけない曲者の「本多正信」を演じています。
 

正信は、家康の家臣たちからは「イカサマ師」と呼ばれる嫌われ者。とにかく悪知恵を働かせることが得意で、さまざまな奇策で家康のピンチを救います。しかし、現在は「三河一向一揆」で家康に反旗を翻し追放されている身分。胡散臭くもどこか頼りがいがある、不思議な魅力を持った正信を松山さんは魅力たっぷりに演じています。
 

回答理由としては、「今回の役は飄々として、みんなにいい顔するような役を見事に演じていて良かった」(40代女性/東京都)、「平清盛のイメージがついているにもかかわらず、全く違ったキャラクターを見事に演じている」(40代女性/石川県)、「クセのある役を演じたらうまいと思う俳優さん」(30代男性/愛知県)などの声が聞かれました。


>14位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『どうする家康』出演の好きな男性俳優ランキング! 3位「松山ケンイチ」、2位「山田裕貴」、1位はやはり……?
『どうする家康』出演の好きな女性俳優ランキング! 3位「松嶋菜々子」、2位「北川景子」、1位は?
『どうする家康』でハマり役だと思う俳優ランキング! 3位「山田孝之」、2位「松本潤」、1位は?
『どうする家康』で好きな登場人物ランキング! 2位「本多忠勝(山田裕貴)」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望