『どうする家康』出演の好きな男性俳優ランキング! 3位「松山ケンイチ」、2位「山田裕貴」、1位はやはり……?

NHK大河ドラマ『どうする家康』では、多くの個性的な俳優陣が出演中です。All About編集部が実施した独自調査から、『どうする家康』に出演の好きな男性俳優ランキングを紹介します。

第62作目のNHK大河ドラマ『どうする家康』。松本潤さんが主人公の徳川家康を演じていますが、その他にも魅力的な俳優が多数登場しています。
 

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の452人を対象に『どうする家康』に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「出演している好きな男性俳優」ランキングを役柄と共に紹介します。
 

>13位までの全ランキング結果を見る

 

3位:松山ケンイチ(本多正信役)

3位は、本多正信を演じる松山ケンイチさんでした。これまで数多くの映画やドラマに出演してきた松山さんは、2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』で主人公の平清盛を担当。今回は、家康の家臣で周りからは「イカサマ師」と呼ばれる嫌われ者の正信を演じています。
 

正信は次々と悪知恵を働かせて、ときには家康のピンチを救うことも。しかし、現在は「三河一向一揆」で家康に反旗を翻し追放されている身です。天下取りには欠かせない人物で、胡散臭くもどこか頼りがいがある正信を、松山さんは魅力たっぷりに演じています。
 

回答理由としては、「不思議な雰囲気をまとって存在感がある」(60代女性/広島県)、「俳優さんならでは個性と、役柄のイメージをバランスよく両立させている」(40代男性/北海道)、「存在感がある」(30代女性/静岡県)などの声が聞かれました。
 

2位:山田裕貴(本多忠勝役)

2位にランクインしたのは、本多忠勝を演じる山田裕貴さんです。アクションから恋愛作品まで出演してきた山田さんですが、NHK大河ドラマは『おんな城主 直虎』に続いて2作目の出演。忠勝は後に「徳川四天王」と呼ばれた人物の1人で、けんかっ早い武将として人気を集めています。
 

戦国時代の「最強武将」と称賛され、ドラマの中でも目の覚めるような合戦シーンを繰り広げます。当初は元康(家康)に反発していましたが、主君らしく成長していく姿を見て忠義を尽くすように。不器用で男らしく常に熱い思いを持つ忠勝を、山田さんは迫力満点に演じています。

回答理由としては、「役もかっこいいし、本人もかっこいいから」(20代女性/神奈川県)、「演技が上手かつ、気取っていない感じが親しみを持てる」(30代女性/東京都)、「主役の松潤との掛け合いの演技などが、凛々しく力強く男らしい武士らしいところが出ていてとても好感が持てます」(40代女性/東京都)などの声が聞かれました。
 

1位:松本潤(徳川家康役)

堂々の1位を獲得したのは、徳川家康を演じる松本潤さんでした。日本人ならば誰もが知る有名な武将ですが、松本さんが演じるのはどこか頼りない家康。激動の時代の中で、家族や家臣を守るために家康は苦悩し泥臭く戦い続けます。
 

松本さんは、常に自信が持てない家康を見事に表現。人との出会いや、戦で勝利を重ねて一流の戦国武将に成長する姿を楽しく見せてくれています。したたかで戦に強い家康ではなく、これまでのイメージとは少し違う「か弱きプリンス」を演出。回を重ねるごとに新しい魅力の家康を見せてくれる松本さんに、多くの票が集まりました。
 

回答理由としては、「喜怒哀楽の表現が上手で、端正な顔立ちが好きです」(40代男性/東京都)、「松本さんの家康は頼りなくていいです」(60代男性/東京都)、「いままでにないほどの親近感が湧く。いつでも悩み優柔不断で、決断力がなさそうで独断に走る傾向があるもののなぜだが憎めないキャラクターになっている」(50代男性/大分県)などの声が聞かれました。


>13位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『どうする家康』出演の好きな女性俳優ランキング! 3位「松嶋菜々子」、2位「北川景子」、1位は?
『どうする家康』で演技がうまいと思う俳優ランキング! 2位「岡田准一」、1位は?
『どうする家康』でハマり役だと思う俳優ランキング! 3位「山田孝之」、2位「松本潤」、1位は?
『どうする家康』で好きな登場人物ランキング! 2位「本多忠勝(山田裕貴)」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは