『どうする家康』第46話 「地獄を背負いあの世へ行く」戦のむごさを語る家康の涙にもらい泣き続出

12月3日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第46話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。12月3日に放送された第46話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第45話)のあらすじはコチラ

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

第46話のあらすじ

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に刻まれた家康(松本潤)を呪う言葉をきっかけに、家康は豊臣が徳川に従い茶々(北川景子)を人質として江戸に寄越すよう要求。激怒した大野治長(玉山鉄二)は、両家の唯一の仲介役である片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画。未遂に終わるものの、その情報を得た家康はついに14年ぶりの大戦に踏み切ります。

豊臣に天下を取り戻すべく、秀頼(作間龍斗)の下には10万の兵が集合。家康の孫娘で秀頼の妻・千姫(原菜乃華)は、徳川と豊臣の板挟みで辛い心境に。そんな千姫を案じる父・秀忠(森崎ウィン)は、戦の総大将として自らが立とうと考えます。しかし、秀忠は戦を知らぬままでいい、人殺しの術など知らなくていいと家康。「信長や秀吉と同じ地獄を背負いあの世へ行く。それが最後の務めじゃ」――。

「この戦の攻めは全てわしが負う」と秀忠を制した家康。徳川軍は順調に勝ち進んでいくものの、真田信繁(日向亘)が籠る“真田丸”を前に苦戦を強いられます。前田勢の数千が討ち死にしたと報せを受けた家康は、ついに秀頼を狙って大筒を使うことに。それは、秀頼の側にいる千姫をも危うくするということ。

家康は困惑する秀忠を「主君たるもの、身内のために多くを死なせてはならぬ」と諭し、大筒の使用を断行。砲撃の圧倒的な威力に破壊されていく大阪城を目にした秀忠は、「こんなの戦ではない」と止めるよう懇願。家康は「これが戦じゃ。この世で最も愚かで醜い人の所業じゃ」と涙を流すのでした。一方、崩壊する城の中では、茶々が落ちてくる瓦礫から千姫を庇って――。

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

家康、最後の戦で悲しいリフレインの嵐

戦を止めろと泣きじゃくる秀忠からは、長篠の戦いで「これはなぶり殺しじゃ」と立ちすくみ心を病んだ信康(細田佳央太)を想起。家康が「何かあったらすぐ助けに行く」と人質に出される千姫と交わした約束はまたしても果たされず、お市(北川景子)と交わした約束の二の舞を演じることに。

さらに、世の太平のため見捨てられる千姫は、三河のために打ち捨てられた瀬名(有村架純)を思い起こさせ、戦に勝つため非情を背負う家康自身には、かつての信長(岡田准一)や秀吉(ムロツヨシ)の姿が重なり、戦国の世の悲しいリフレインに何とも言えない思いを抱かされました。

X(旧Twitter)では、「戦のむごさを語る殿の涙の流し方が凄かった。息子には二度とこんな思いをこんな世にするなよという必死の遺言のように」「『最も愚かで醜い』の時の家康の表情よ…。この作品は成長物語じゃない。全てを背負った家康が深く深く堕ちていく様をじっくりずっしりじわじわと染み込まされ…苦」「『どうする⁉︎どうする⁉︎』って念仏みたいに唱えてたあの頃が懐かしいね。たぬきになってからは即決即断の鬼」などのコメントが寄せられています。

第47話は「乱世の亡霊」。家康の大筒により難攻不落の大阪城は崩壊。秀頼が大阪にとどまることと引き換えに城の堀を埋めることで和議が成立するも、乱世を望む荒武者たちは大阪城に集まり続けます。豊臣を滅ぼすまで平穏は訪れないと考えた家康は、再び大阪城に兵を進め――。70歳を超える家康が、地獄を背負って乱世を終わらせる覚悟で臨む最後の戦。その終結までをどう描いていくのか注目です。

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第45話
第44話
第43話
第42話
第41話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」