『どうする家康』第41話 北川景子“茶々”が天下分け目の黒幕? 「怖え~!」「悪女っぷり最高」の声

10月29日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第41話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。10月29日に放送された第41話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第40話)のあらすじはコチラ

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第41話のあらすじ

石田三成(中村七之助)を隠居に追い込み、大阪城・西ノ丸に入り政治を意のままに行うようになった家康(松本潤)は、ちまたでは天下殿と称されるまでになっていました。そんな家康を苦々しく見ている茶々(北川景子)。そんな中、会津の上杉景勝(津田寛治)に謀反の噂が広がると、茶々は天下泰平のため成敗に向かうべきだと家康を諭します。

家康は自ら会津へ向け出陣することに。本田忠勝(山田裕貴)、榊原康政(杉野遥亮)、井伊直政(板垣李光人)ら徳川軍勢が集まる中、大阪を離れることに不安を感じた家康は、留守を鳥居元忠(音尾琢真)に預けます。

この機に乗じて三成が挙兵する可能性を考え、本当に信じられる者にしか頼めないという家康の言葉に対し、「殿への忠義の心は誰にも負けん」と元忠。これまでの途を懐かしみつつ涙ながらに忠義を誓った元忠は、わずか3000の兵を残し、家康にできるだけ多くの兵を率いて会津へ向かうよう進言するのでした。

一方、三成は茶々から軍資金を得ており、秀吉の遺言に背く家康を逆賊に仕立て上げ、大老・毛利輝元(吹越満)らも仲間に引き入れて決起。その知らせは会津へ向かう途中にある家康の元へも続々と届きます。さらに家康の元へは茶々からも文が。その内容は「三成が勝手なことをして困っているから助けてほしい」というもので――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

天下を分ける大戦の黒幕=茶々さまが恐ろしい

「関ヶ原の戦い」の前哨戦である「伏見城の戦い」で元忠が討ち死にすると知っていると、より熱くこみ上げるものがあった第41話。X(旧Twitter)では、「も〜やめてくれよ〜彦ぉぉ…泣いちゃったよぉ…涙止まらねぇよ…」「『殿への忠義の心は誰にも負けん』今川家時代からずっと仕えてきたからこその重み」「殿と彦さんのサシ飲み、ずっと見ていたい。なんてステキなの。来週が来ないでほしい」などのコメントが続出しています。

一方、三成にも家康にも戦う理由と軍資金を与えた茶々には、「茶々さま黒幕説」「茶々さま怖え~!」「悪女っぷりが最高」「茶々のあざとさ2倍だよね。『助けてください』って文言だけじゃなく、あれは自分の母=お市を助けてくれませんでしたよねっていう念が籠ってるからこそ、家康のあの乾いた笑いなのかと」「茶々さまからすれば、どっちが倒れようが構わないんだよね」などの声が寄せられています。

第42話は「天下分け目」。三成が挙兵し西国大名の多くが三成につく中、家康は天下分け目の戦に臨むため西へ戻ると宣言。三男・秀忠(森崎ウィン)に真田昌幸(佐藤浩市)の攻略を任せ江戸に戻ると、家康は各国大名に応援を働きかけます。一方、京では千代(古川琴音)とともに伏見城を守る元忠が最期の時を迎え――。いよいよ「関ヶ原の戦い」へ。家康がいかにして天下分け目の大戦を制していくのか見逃せません。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第40話
第39話
第38話
第37話
第36話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化