『どうする家康』第38話 北川景子“茶々”の悪女っぷりに「底知れぬ怖さ」「目が離せん!」の声

10月8日に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』第38話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト)

松本潤さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』。10月8日に放送された第38話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

前回(第37話)のあらすじはコチラ

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

第38話のあらすじ

太閤となった秀吉(ムロツヨシ)は、次の狙いを明国へと定めると、家康(松本潤)をはじめ諸大名を肥前名護屋城に集め唐入りを命じます。朝鮮に渡った加藤清正らから連戦連勝という知らせが届き秀吉が気を良くする一方、家康は服部半蔵(山田孝之)から苦戦を強いられているという裏情報を入手。半蔵と大鼠(松本まりか)が情報の裏を取りに動きます。

秀吉が母の危篤により大阪へ戻っている間、茶々(北川景子)は家康の元を訪れます。茶々は母・お市がかつて家康を慕っていたと切り出し、もしかしたら家康が父だったかもしれないと回顧。家康の手を握り、父と思ってお慕いしてもいいかと言い寄ります。そこへ、家康の側室・阿茶(松本若菜)が割って入ります。

半蔵の調査により朝鮮で苦戦している実状を知った家康は、大阪から戻った秀吉と対峙(たいじ)。腹を切る覚悟で渡海を制し、茶々にかどわかされ政を誤ってはいけないと苦言を呈す家康に対し、自分の非をかたくなに認めない秀吉。秀吉が太閤の地位を笠に着て徳川を取り潰せると脅すと、家康はかつての底知れぬ才覚あふれた秀吉なら絶対にそんなことは言わないと指摘し、「みじめぞ、猿!」と一喝。

百姓の出で家臣もおらず1人でのしあがってきた秀吉は、生まれた時から家臣に慕われている家康がうらやましかったと述懐。秀吉が漏らした「見捨てるな」という言葉に、家康は黙したままうなずくのでした。

秀吉は茶々に大阪へ帰るよう指示し、さらに唐入りを休止。明国から和睦するための使者を伴って帰国した三成らにねぎらいの言葉をかけます。秀吉が我を取り戻したかに見えたのも束の間、茶々から懐妊の知らせを受けると、再び欲にまみれた高笑いを始め――。

 

どうする家康
画像出典:NHK『どうする家康』公式サイト

 

茶々の悪女ぶりから目が離せない!

秀吉の抱える孤独や闇が深掘りされた一方、茶々の悪女ぶりが際立った第38話。次回予告では、茶々が秀吉に対して「あなたの子だとお思い?」と告げるシーンも描かれ、X(旧Twitter)ではコメントが殺到。

「老いぼれた秀吉にとって一撃必殺だろ」「これまでの茶々様とはひと味もふた味も違う悪女っぷり!」「底知れぬ感じが怖い」「カッコウの托卵の如き生まれの秀頼を、従来のように可愛がって守った果ての滅びか、秀頼さえ利用して家康への復讐に走るか、この茶々様から目が離せん…!」など話題が沸騰しています。

第39話は「太閤、くたばる」。茶々に拾(後の秀頼)が生まれ、家康の説得により明との和睦を決めた秀吉。しかし三成らが結んだ和議が嘘だと分かると、朝鮮へ兵を差し向けると宣言し、再び暴走開始。家康は息子・秀忠(森崎ウィン)を連れて、京に隠居していた忠次(大森南朋)を訪ねます。忠次から最後の願いを託され悩む中、秀吉が倒れたとの知らせが届き――。好敵手・秀吉の最期がどう描かれるのか期待です。

 

『どうする家康』あらすじバックナンバー

第37話
第36話
第35話
第34話
第33話
第32話
第31話
第30話

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在